西川愛也の『家族』~母と祖母の名前や年齢は?父親と弟について

プロが注目する、花咲徳栄(はなさきとくはる)高校のスラッガー、西川愛也(にしかわ・まなや)選手。

今回は、そんな西川選手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆母の名前や年齢は?

西川愛也選手のお母さんの名前は、裕子さん。

年齢は、今年(2017年)で46歳になります。

母・裕子さんは、メディア対応がしっかりしていて、いくつかのエピソードが残っているので、時系列的にご紹介します。

◆2017年8月3日(母の誕生日)

8月3日は、母・裕子さんの46回目の誕生日でした。

西川愛也選手は、お母さんへLINEを送り、

いつまでも美人な母親でいてください。(笑)

とメッセージ。

ユーモアのある粋な計らいで母を喜ばせました。

◆2017年8月8日(母の差し入れ)

台風5号接近のため、花咲徳栄は、予定していたグラウンドが雨で使えないため、堺市内の屋内練習施設を借りて練習。

西川愛也選手の実家は、練習場から車で5分ほどの距離であり、

実家の近くなのでびっくりした。懐かしい

と、思わぬ凱旋を喜びました。

前日には、好物のみたらし団子を宿舎に差し入れてくれた母・裕子さんとも顔を合わせて

リフレッシュになりました(^^)

と笑顔を見せていました。

◆2017年8月16日(母のメッセージ)

この日の日本航空石川との2回戦では、西川愛也選手は3打数無安打1打点。

試合後には母・裕子さんからLINEで、

打ちたかったやろ?

とメッセージがありました。

西川選手は悔しさを晴らすように、宿舎でバットを振りました。

◆2017年8月19日(喜びの母)

甲子園大会、前橋育英との3回戦。

母・裕子さんは、

友人、親戚一同で応援が80人近く集まった。大きいのは狙わず、ヒットの延長がホームランのつもりで打ってほしい

とコメント。

初回にいきなり1死二塁の好機が訪れ、3番の西川選手が打席に入ります。

まなやー!!!

西川選手は、応援席のコールに応え、左中間に三塁打を放って1点を先制。

実は、母・裕子さんが前日に、

打つよね?

と携帯でメッセージを送ると、

勝つよ!!

と返信があったといいます。

この日の西川選手は、先制打を含む5打数3安打3打点の大活躍。

有言実行の息子に裕子さんは、

最高です!

と喜んでいました。

◆祖母は「愛也ファン」

西川愛也選手の祖母の名前は、島本百合子さん。

名字が異なるので、母方のお祖母さんなのでしょう。

年齢は、今年(2017年)で75歳になります。

祖母・百合子さんは大阪在住ですが、埼玉の試合にも駆けつける「愛也ファン」。

誰よりも大ファン。あの子のおかげで長生きさせてもらっている

と、「愛也ラブ」を隠そうとしません。

甲子園のスタンドにも、もちろん応援に駆け付けた百合子さん。

西川選手はプロ入りを希望しているため、百合子さんはこれからも応援で、日本中を飛び回ることになるでしょう\(^o^)/

◆父親と弟について

西川愛也選手の他の家族は、父親と弟がいます。

弟さんも野球をやっているかもしれませんね。

一応、西川選手が所属した「浜寺ボーイズ」の選手を小学生の部・中学生の部とも確認しましたが、弟らしき人物はいませんでした(>_<)

◆まとめ

2017年夏の甲子園、大阪・伊丹市の宿舎を訪問してくれる母・裕子さんと西川愛也選手が約束した優勝時の差し入れは、

“チキンラーメン”

だそうです。

母の愛情をいっぱいに受けて、西川選手の挑戦はこれからも続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

西川愛也選手の活躍もあり、埼玉県勢として初の甲子園制覇を達成した、花咲徳栄高校。

栄冠を記念して、グラフが出版されています。

花咲徳栄埼玉県勢初V 第99回全国高校野球選手権大会優勝記念グラフ

県大会から甲子園大会までの全試合を、豊富な写真やテーブルスコア、戦評にて紹介。

岩井隆監督への密着取材から、花咲徳栄の強さの秘密も分析されています(^_-)

《特選記事!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です