臼井正彦の『家族』~息子2人も娘も眼科医師?妻は元薬剤師

東京医科大学の前理事長を務めた、臼井正彦(うすい・まさひこ)氏。

今回は、そんな臼井氏を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク




◆息子2人は眼科医師?

臼井正彦氏には、子供が3人いて、上から息子さんが2人、一番下が娘さんです。

子供は6歳ずつ離れていて、3人とも医師になっています。

息子さんだと言われているのが、臼井嘉彦 (うすい・よしひこ)さん。

2001年に東京医科大学卒業後、東京医科大学病院眼科に入局。

以下の書籍

【中古】 医療関係者のためのAccess活用マニュアル 診療データベース作成ガイド /臼井嘉彦(著者),松本昌憲(著者) 【中古】afb

なども一緒に書いているので、息子説は真実味があります。

もう一人、息子さんだと言われているのが、国際医療福祉大学の眼科・主任教授を務める臼井智彦さん。

この方も東京医科大学を卒業している眼科医師ですが、卒業年度が1987年3月ということで、少し計算が合わないので、こちらは息子さんではないような気がします。

◆娘も眼科医師?

臼井正彦氏の一番下の娘さんも医師だそうです。

眼科かどうかは分かりませんが、眼科は女性医師が多い科目なので、可能性はありますね。

娘さんは結婚しているため、名字も変わっているかもしれません。

◆妻は元薬剤師

臼井正彦氏の妻は、元薬剤師で、結婚後は専業主婦となりました。

朝から晩まで仕事にかかりきりだった臼井氏に代わり、3人の子供たちを医師へと育て上げた妻。

ただ、臼井氏も運動会や学芸会には必ず行くようにしていたそうです。

◆ファミリービジネス?

臼井正彦氏は、眼科学主任教授時代の2006年、“ファミリービジネス”を問題視されています。

東京医科大学では、教職員による営利企業の役員兼職を禁止しているにもかかわらず、実母や妻、子息らとともに「有限会社オフタルモサイエンス」を設立。

1985年の設立から解散する2006年まで、同社の役員を務めていました。

現役教授時代に医局員を派遣していた10の病院に対し、ファミリー企業を経由して眼内レンズを販売。

さらに、14年間にわたり総額2億円以上の手数料を受け取っていたとされています。

◆実家は下田

臼井正彦氏は、静岡県賀茂郡下田の商家に生まれ、当地の下田小学校、中学校で過ごしました。

下田の黒船祭りでペリーの役を演じたことをきっかけに、外交官に憧れるようになります。

しかし、周りの勧めで医者を志すようになり、単身で上京。

1960年に東京医科大学に入学し、長年にわたり医療に携わる事となりました。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、臼井正彦氏の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、臼井氏の挑戦は続いていきます。

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO