文在寅(ムンジェイン)の『家族』~息子には特恵就職の疑惑が…  

韓国第19代大統領となった、文在寅(ムンジェイン)氏。

今回は、そんな文氏を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家

文在寅氏の両親は、現在の北朝鮮の興南市の出身。

両親は、朝鮮戦争のさなかの1950年12月、興南撤収作戦で米国の貨物船「メロディス・ビクトリー号」に乗り脱北した避難民でした。

避難先は巨済島でしたが、文氏が幼少の頃、釜山市に一家で転居します。

こういう経緯から実家は貧しく、トウモロコシのお粥給食が一日の食事の全てで、月謝が払えず授業中に教室から追い出されたこともありました。

◆父親

文在寅氏のお父さんは、巨済島にあった捕虜収容所で、労務者として働いていました。

若い頃の苦労がたたったのか、1978年ごろ、心臓発作のため58歳という若さで亡くなっています。

◆母親

文在寅氏のお母さんは、避難先の巨済島に着いたとき、

ここは本当に暖かい南の国なんだな

と感じたことが、記憶が鮮明に残っています。

北朝鮮の雪景色と巨済島の青い麦畑は対照的で、あまりにも風景が異なっていたのでしょう。

やがてお母さんは、巨済島で文氏を出産します。

たまたま家主のおばさんも同時期に妊娠していたため、お母さんは一時的に借りた別の家で文氏を産むことになりました。

同じ家の中で2人の赤ん坊がいっしょに生まれるのは「よくない」という迷信があったためです。

文氏が幼いころ、お母さんは島内で鶏卵を安く仕入れ、釜山へ売りに行く行商をしていました。

鶏卵を頭の上に載せ、文氏をおぶったまま海を渡って釜山へ渡っていったのでした。

◆5人兄弟の長男             

文在寅氏は、5人兄弟の長男です。

上にはお姉がさんが1人いますが、お姉さんは北朝鮮の興南で生まれました。

下には妹が2人と、一番下に弟がいます。

◆夫人とのなれそめは

文在寅氏の夫人の名前は、金正淑(キム・ジョンスク)さん。

年齢は、2歳年下になります。

文氏は、慶煕大学校法学部の3年生のとき、慶煕大学声楽科の金正淑さんと出会いました。

文氏は、当時の朴正煕政権に反対する民主化デモに参加。

この時、催涙ガスの直撃を受けた文氏を、金正淑さんが看病したことがきっかけで、仲が深まったのだとか。

2人は1981年に結婚しています。

◆息子には特恵就職の疑惑が…

文在寅氏には息子さんがいて、名前はムン・ジュニョンさん。

1982年に生まれているので、今年(2017年)で35歳になります。

息子さんは2006年、労働部の傘下機関である韓国雇用情報院の「一般職5級公開採用試験」に合格しました。

しかし、これには特恵就職の疑惑が向けられています。

なぜならばこの時、雇用情報院は、通常15日間採用広告を出すようにしている規則を破って、当時3日間しか採用公示を出していないためです。

◆娘の名前や年齢は?

文在寅氏には娘もいて、名前はムン・ダ・ウネさん。

娘は1983年に生まれているので、今年(2017年)で34歳になります。

◆まとめ

文在寅氏のお母さんが還暦を迎えたとき、お母さんを連れて、生まれ故郷の巨済島を見て回ったことがあります。

30年の歳月が流れていたというのに、お母さんは住んでいた地区や家のことをすべて覚えていました。

脱北者のお母さんにとって、巨済島はリアルに感じられる「第2の故郷」なのでしょう。

将来、ごく自然に「本当の故郷」へ帰れる日が来るといいですね。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です