千葉 流山・アレルギー牛乳事件の『家族』〜母親・娘・父親は?

2016年12月13日、千葉県流山市で、アレルギーの娘に牛乳を飲ませたとして、母親が逮捕されました。

平穏に暮らしているかに見えた『家族』に、いったい何があったのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆35歳母親

今回の事件で逮捕されたのは、35歳になる一家の母親です。

母親は12月11日午前9時ごろ、流山市の自宅アパートで、アレルギーの娘に牛乳を飲ませた疑いが持たれています。

殺意があったと認められたのでしょう、罪名は刑法第203条の殺人未遂罪となっています。

母親は自ら、

娘が牛乳を飲んだらアレルギー症状でぐったりしている

と、119番通報したという事です。

◆5歳の娘

今回の事件で、被害者となったのは、5歳になる娘です。

飲まされた牛乳の量は、およそ100ミリリットルということで、アレルギーを持つ娘には危険な行為でした。


《イメージ画像》

実際に、娘はアナフィラキシーショックを起こし、現在も入院中ですが、命に別状はありません。

◆父親は…?

母親は娘と2人暮らしだったということなので、何らかの事情で、父親はいなかったようです。

片親で、子育てに行き詰まりがあったのでしょう、2016年4月から8月の間に、母親は4回、児童相談所に

「育児に疲れた」「子育てに不安がある」「子どもを預けたい」

などと相談をしていました。

◆まとめ

消防が駆けつけた際、母親は、ショック症状を和らげる注射薬を、長女に打っていたということです。

警察の調べに対しては、

医師の指導のもと牛乳を微量ずつ飲ませる治療をしていた

と話しています。

それでは、容疑を否定しているのかと思えば、供述の内容が二転三転しているそうです。

子供が重い食物アレルギーを持つ場合、毎日の食事に気をつかうため、親には過度のストレスがかかります。

このため、アレルギーのケアは、子供だけではなく、親へのケアも重要なのだそうです。

母親が行った行為は許される事ではありませんが、父親もいない中、思い悩んできた母親に、同情の余地はあるでしょう。

娘が無事で何よりの事件でした。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です