樋口尚也の『家族』~同級生のお嫁さんと子供、母と亡き父に感謝…

元公明党の衆議院議員、樋口尚也(ひぐち・なおや)さん。

今回は、そんな樋口さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆お嫁さんは同級生

樋口尚也議員(便宜的に“議員”とお呼びします)のお嫁さんは、福岡・伝習館高校1年生の時に同じクラスだった女性です。

ほどなく交際をスタートした2人でしたが、樋口議員は創価大へ進学するために東京へ行き、遠距離恋愛となりました。

清水建設へ入社後も東京支店の建築部、法務部、営業部などに勤務し、遠距離恋愛の期間は12年に及びました。

そして27歳で大阪へ転勤となり、お嫁さんを呼び寄せて結婚。

樋口議員は、12年も待ってくれたお嫁さんに感謝しているそうです。

18年務めた清水建設を辞め、国会議員に挑戦することになった樋口議員ですが、当選できる保証があるわけでもなく、

“それで良かったのかな…”

と悩む時もありました。

そんな話をポロッとしたところ、

“怖気づいたな”

と、お嫁さんは笑い飛ばしたそうです。

自分よりも肝が据わっているお嫁さんに対し、

“この人、すごいな~”

と、またもや感謝したのでした。

ちなみに、樋口議員が好きな食べ物は、“お嫁さんが作る餃子”です。

◆子供はいる?

樋口尚也議員には、息子さんが2人いらっしゃるようです。

◆父親は胃がんで早世

樋口尚也議員の父親は、議員が4歳の時に亡くなっています。

享年35歳。

原因は胃がんで、発見が遅かったことから助かりませんでした。

樋口議員は、父親の記憶がほとんどありません。

◆母親は再婚するも…

父親が亡くなった時、お母さんは弱冠28歳。

28歳で未亡人となってしまったお母さんは、昼も夜も働いて、子供たちを育ててくれました。

親戚のパン屋さんで働いていたお母さんは、パンの耳をもらってきて冷凍してあり、樋口少年はそれをいつも食べていました。

しかし、パンの耳に飽きてしまった樋口少年は、

“何かをサンドしないといけない”

と考えます。

そこで思い出したのが、

“ザリガニが食べられる”

ということを何かで見た記憶。

さっそく近所の川でザリガニを捕まえ、尻尾を醤油でソテーすると、美味しそうな香りが立ち込めました。

念のため、友達に食べさせて、

“これ美味しかね!(九州弁)”

という反応を見て、自分も食べてみる。

小学校1年生の時の思い出でした(~_~;)

母一人で子供たちを育てたお母さんでしたが、50歳で再婚。

樋口議員の結婚式には、新しいお父さんも出席してくれています。

しかし、原因は分かりませんが、新しいお父さんも亡くなったのだそうです。

◆兄弟はいる?

樋口尚也議員には、2歳下の弟がいます。

子供の時は、

“プロレスラー兄弟”

と言われていた2人。

兄弟は身体がガッチリしており、6畳二間の寝る部屋に布団を敷いて、弟といつもプロレスをしていたためです。

ちなみに、樋口議員は全日本プロレスが大好きで、ジャイアント馬場さん、アントニオ猪木さんのファンだったそうです。

国会で猪木議員とお話しできたのでしょうか?

◆まとめ

これまで見てきたとおり、樋口尚也議員の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、樋口議員の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

ザリガニを食べたエピソードが印象的な、樋口尚也議員。

実は、ロブスターの分類は

エビ目・ザリガニ下目・アカザエビ科・ロブスター属

ということで、極めてザリガニに近い種類なのだそうです。

そう考えれば、樋口少年が食べたザリガニサンドは

【冷凍】【送料無料】ボイル済みオマール海老 350g 4尾セット【オマール海老】【アメリカンロブスター】【バーベキュー】【BBQ】

こんな感じだったのかもしれませんね(^_-)

《「希望の党」結成!》

《こちらは「希望の党」に合流できず》

《新たな動きが!?》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です