和月伸宏の『家族』~嫁は黒碕薫…子供はいる?実家の父・母・兄

『るろうに剣心』で知られる漫画家、和月伸宏(わつき・のぶひろ)さん。

今回は、そんな和月さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆嫁は黒碕薫

和月伸宏さんのお嫁さんの名前は、黒碕薫(くろさき・かおる)さん。

1969年1月26日生まれで、今年で48歳なので、和月さんより1歳年上ですね。

嫁の薫さんは神奈川県横浜市の生まれ。

小学校の数年間をブラジルで過ごした帰国子女で、母校はサンパウロ日本人学校だそうです。

高校は横浜市立桜丘高等学校、大学は桜美林大学文学部中国文学科を卒業。

その後「エンジニアリング御三家」と言われる日揮株式会社に入社し、勤務のかたわら執筆した『天使たちの惑星』で小説家デビューしました。

1990年代にはボーイズラブ小説の執筆をしていましたが、2000年代以降は主にアニメ、テレビゲームの脚本を手がけています。

また2003年連載開始の『武装錬金』以降は、和月さんの漫画作品にストーリー協力として参加。

和月作品を原作とした小説化作品やゲーム脚本なども手掛けています。

夫婦では、どのような体制で話をつくっているのでしょうか?

まず、和月さんが話を作って、わからないことや調べてほしいことがあったら薫さんに依頼を掛けます。

『るろうに剣心・北海道編』でも、薫さんが調べてきてくれたものの中に、

“これは!”

というアイデアが隠れていたそうで、なかなか夫婦でないと分からない呼吸があるのでしょう。

『剣心』の最終章用のプロットを作って感想を求めたときも

“つまらん!”

とはっきり言ってくれたそうで、ベテランの和月さんが裸の王様にならないためにも、薫さんはとてもありがたい存在なのです。

◆子供はいる?

和月伸宏さん夫妻に、子供の話はありません。

子供はいないのか、あるいは公表していないだけなのかもしれません。

◆実家の父と母

和月伸宏さんの実家は、新潟県長岡市(旧越路町)にあります。

長岡にある新潟県最古の民家『長谷川邸』では、2016年に再建300年を記念した『長谷川邸三百年祭』が開催されました。

和月さんは、三百年祭のコラボ企画として長谷川邸で原画展を開催。

実は、母親経由で

“三百年祭で何かやらないか?”

という話があり

“親孝行しておこうかな”

という気持ちで取り組んだのだそうです。

和月さんの父親に関する情報は、特にありませんでした。

◆兄弟はいる?

和月伸宏さんには、3歳年上のお兄さんがいます。

漫画を始めたのは、小学生の頃、お兄さんの影響で描くようになったのが最初なのだとか。

大学ノートにコマを割ったものでしたが、友達が読んでくれることが嬉しくて、周囲にも上手い友達がいたため、ライバル心で頑張って描いていました。

お兄さんがいなければ、今日の和月さんはいないのかもしれませんね。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、和月伸宏さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を受けて、和月さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です