はしだのりひこの『家族』~“花嫁”のモデルは?息子と娘について

『ザ・フォーク・クルセダーズ』などで活躍した、歌手の“はしだのりひこ”さん。

今回は、そんな“はしだ”さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆“花嫁”のモデルは?

“はしだのりひこ”さんのヒット曲の一つ『花嫁』。

1971年にシングルを発売し、紅白歌合戦でも歌われるなどヒット曲となりました。

作詞はクルセダースで一緒だった北山修さんですが、モチーフとなっているのは“はしだ”さんのお嫁さんなのだそうです。

当時、『帰ってきたヨッパライ』『風』などヒット曲を連発してきた“はしだ”さんは、休みもないほど仕事に明け暮れていました。

高校時代から“はしだ”さんのことが好きだった彼女(後のお嫁さん)は、“はしだ”さんに会うために、それこそ歌詞にあるように、

“夜汽車に乗って…♪”

コンサートが行なわれる街へ訪ねて行くこともしばしば。

そして“はしだ”さんの時間が空く朝方に、デートをすることも珍しくありませんでした。

それを知っていた北山さんは、彼女のけなげな姿をモチーフにして、

“いつか彼女ではなく、花嫁としてはしだのもとへ走っていくように”

と願って、歌に託します。

北山さんの願いが届いたのか、後に“はしだ”さんと彼女は結ばれました。

◆息子さん

はしだのりひこさんには、息子さんがいます。

息子さんが小学生の時、学校でイジメに遭い、頭を負傷したことがありました。

お嫁さんが病気で入院中だったため、学校から連絡を受けた“はしだ”さんは、学校に出向いて息子を連れて帰ります。

その途中、

“腹が減っただろう、ラーメンでも食おう”

と言って、息子を連れてラーメン屋へ。

怪我した頭を

“お父さんがハンカチで押さえてやるから”

と言って食べさせました。

その後、息子さんを家に帰し、お嫁さんがいる病院へ。

事の経過を説明したところ、お嫁さんに質問されます。

“それで、頭の傷は縫ったの?レントゲン検査の結果は?”

そこまでのケガであれば、ラーメンを食べさせている場合ではなかったのですね(^_^;)

“はしだ”さんは慌てて、息子さんを病院へ連れて行きました。

そもそも、息子さんがイジメにあった原因は、父親が“はしだのりひこ”であったから。

フォーク歌手として長髪にしている風貌などが、

“変な親父だ”

と言われ、息子さんは攻撃対象とされてしまったのでした。

“はしだ”さんは息子さんに涙を流して謝り、

“お父さんだって決して強い人間ではないので、お前に強くなれと言うことはできない。だから力を合わせよう”

と提案。

学校と話し合うなどして、イジメを解決までもっていったということです。

◆娘は舞台女優

はしだのりひこさんには娘さんもいて、名前は端田新菜(はしだ・にいな)さん。

1977年生まれなので、今年(2017年)で40歳になります。

娘さんの職業は舞台女優で、劇団青年団に所属。

映画『鍋とともだち』などにも出演しています。

◆まとめ

はしだのりひこさんのお嫁さんは、“はしだ”さんより8年ほど先に、天国へ旅立っていました。

今度が“はしだ”さんが天国行きの夜汽車に乗って、“花嫁”と再会を果たしたことでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

◇編集後記

お嫁さんの入院を機に「主夫」として生活した体験記を雑誌に連載し、書籍化されたものがこちら。

【新品】【本】お父さんゴハンまーだ はしだのりひこ/著

この本は後に『風のあるぺじお』のタイトルで映画化されています(^_-)

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です