藤田紀子の『家族』~離婚理由は浮気?貴乃花と絶縁…虎上は関係良好

“角界のプリンス”初代貴ノ花の元妻で、現在はタレントとして活躍する、藤田紀子(ふじた・のりこ)さん。

今回は、そんな紀子さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆夫は初代・貴ノ花

藤田紀子さんは、1970年に結婚しています。

夫は当時幕内だった“角界のプリンス”初代貴ノ花関。

最初の出会いは、貴ノ花関が19歳、紀子さんが21歳の時でした。

2人の馴れ初めは、芸能通の寿司屋さんが引き合わせてくれたこと。

それでも紀子さんは、最初は気乗りせず、3回お断りし、4回目に断りきれずに応じて、貴ノ花関と出会うことになります。

その後、貴ノ花関から「達筆で素敵な文章」の手紙が速達で届き、紀子さんは心を動かされます。

しかし、実は貴ノ花関は悪筆で、最初の手紙は達筆な付き人が代筆していたのでした。

紀子さんは後に、

“詐欺ですよ~。最初からひどい字で、ひどい文章なら、もしかしたら好きにならなかったかもしれない”

と話しています。

◆離婚理由は浮気?

結婚後は芸能界を引退し、2児の母として主婦業に専念した藤田紀子さん。

貴ノ花関の引退後は、藤島部屋、二子山部屋のおかみとして奮闘します。

しかし2001年、長年連れ添った貴ノ花関と離婚することになりました。

離婚原因は、

“(離婚の)数年前から意見が食い違い、紀子さんの浮気騒動で完全に亀裂が入った”

と報道されています。

浮気騒動とは離婚前年に、紀子さんと18歳年下の青年医師との「不倫疑惑」が発覚したこと。

しかし、紀子さんは不倫を否定し、二子山親方も

“不倫はないと思う”

とメディアに答えていました。

それでは、本当の離婚原因は何なのでしょうか?

この問いかけに対し紀子さんは、

“それは言えたら楽ですけど、絶対に言いません。親方個人のことだから、それを明かすことはできない”

と、口を閉ざしています。

◆長男・花田虎上とは関係良好

藤田紀子さんの長男の名前は、花田虎上(はなだ・まさる)さん。

1971年1月20日生まれなので、今年(2017年)で46歳になります。

本名は花田勝(はなだ・まさる)さんですが、2011年より、風水建築デザイナーのアドバイスで、「虎上」に改名しています。

虎上さんは、明治大学付属中野高校を中退して、17歳で角界入り。

“角界に入ったのも(弟の)壁になるってことだった”

と後に語り、角界入りは弟・貴乃花を守るため、両親に強いられたものであった事を告白しています。

両親とは、

“横綱になったら辞めさせてあげる”

と約束したこともあり、虎上さんは順調に出世しました。

四股名も『若花田』から伝統ある『若ノ花』を襲名し、遂には綱取りが決定。

“(横綱就任を)謹んでお断りしてよろしいでしょうか”

と両親に約束実行を迫ったところ、

“それは仕事的に無理だろう”

と、昇進を受け入れることを説得され、あきらめて第66代横綱に就任しています(^_^;)

ところで、虎上さんには

“実は初代若乃花の息子ではないか?”

という噂があります。

母・紀子さんは、当然、この噂を否定。

将来のDNA鑑定に備えて、元夫の二子山親方が亡くなる前、虎上さんに

“親方の髪の毛と爪を残しておいて”

と頼んであるのだとか。

鑑定が実現する日は来るのでしょうか?

◆次男・貴乃花親方とは絶縁?

藤田紀子さんの次男は、貴乃花光司(たかのはな・こうじ)さん。

1972年8月12日生まれなので、今年(2017年)で45歳になります。

幼少期から相撲部屋に出入りしていた浩司少年は、小学5年生の時、わんぱく相撲の全国大会で優勝。

中学を卒業して臨んだ新弟子検査時には

“これは新弟子の体じゃない、今すぐ幕下でも通用する”

と驚嘆されるほど、既に体作りの基礎ができていました。

17歳2ヶ月で新十両、17歳8ヶ月で新入幕と最年少記録を塗り替えながら順調に出世し、22歳で横綱まで昇り詰めます。

現役引退後は、二子山部屋を継承し、名前も貴乃花部屋に変更して現在に至ります。

ところで、母・紀子さんと貴乃花親方は、現役末期を境に関係が断絶されています。

理由は、兄・虎上さんの父親を巡る疑惑を貴乃花親方は信じており、紀子さんに不信を募らせているためと見られています。

さらには、

“貴乃花親方の父親は、元横綱の輪島大士氏だ”

という噂まであり、真実であればもうグチャグチャですね(>_<)

当然のことながら紀子さんは、この疑惑も否定していますが、

“3人で仲良くしてた間柄”

と、親しくしていたことは認めています。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、藤田紀子さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

昔のように息子さんたちと、違和感なく接する日がくることを願っています(^o^)丿

◇編集後記

若貴・出生の真相は、この本が詳しいようです。

【中古】 二子山部屋をうっちゃる!花田家三代の謎 初代若乃花から若・貴兄弟までの知っているようで知らない裏事情 /由比三次(著者) 【中古】afb

真相は紀子さんのみが知るのかもしれませんが…(^_-)

《暴行現場にいた力士たち》

《こちらは場外乱闘中!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です