宅建士の難易度が高い本当の理由~宅建試験の合格率だけではない?

こんにちは、カゲロウです。

今回は、宅建士の難易度のお話をしたいと思います。

宅建士試験は、わたしが挑戦していたころから、

難易度が高い!

なんて言われてきました。

受かってしまえば、

そうかな…?

などと思えるのですが、そういう私も1回落ちていますが…(*^_^*)

(わたしの受験記については こちら から)

◆宅建士試験・合格率の推移

難易度をはかる基準は、試験の合格率。

最近10年間の宅建試験の合格率を見てみましょう。

年度

合格率

2007年

17.3%

2008年

16.2%

2009年

17.9%

2010年

15.2%

2011年

16.1%

2012年

16.7%

2013年

15.3%

2014年

17.5%

2015年

15.4%

2016年

15.4%

平均

16.3%

合格率が一番高いのが2009年で17.9%、一番低いのが2010年の15.2%。

2009年に合格率が上がりすぎたから、翌年は問題を難しくしたのでしょう(^_^;)

いずれにしても、100人受けて16人くらいしか受かっていない、という現状が読み取れます。

◆宅建士試験・合格点の推移

宅建士試験の特徴は、合格点がアバウトであること。

試験自体は、1問1点×50問=50点満点で、だいたい7割の35点が「合格の目安」と言われますが、合格点は若干変動します。

年度

合格点

2007年

35点

2008年

33点

2009年

33点

2010年

36点

2011年

36点

2012年

33点

2013年

33点

2014年

32点

2015年

31点

2016年

35点

平均

33.7点

2010年と2011年は、35点とっても落第ですね(>_<)

一方、2015年は問題を難しくしすぎたのでしょう、31点とれば合格となっています。

このように、問題の難易度によって合格点を調節しており、結果、合格率が調節されているという側面もあります。

◆宅建士の難易度が高いと言われる理由

宅建士が、

難易度が高い!

と言われる根拠は、合格率が16%くらいしかないというところからきています。

たしかに、100人受けて16人しか受からないのだから、数字だけ見ると「難易度が高い」と言えるでしょう。

一方で、合格率を低くしている理由として「お気楽受験生」の存在が指摘されています。

そもそも、宅建士を受けるにあたり、年齢や学歴などの受験資格はなく、誰でも受験できます。

受験手数料も7000円と安くはないですが、絶対にあきらめられない金額ではありません。

また、「お気楽受験生」を増やす要因となっているのが、不動産関係企業の存在。

不動産関係企業は、宅建士の試験をほぼすべての従業員に受験させます。

宅建士は、「重要事項説明」などに関する独占業務を持っており、不動産関係企業では必須の資格であるからです。

しかし、肝心のスタッフ側はそこまで気合が入っていないため、「お気楽受験生」の仲間入りを果たします。

そして、これらの「お気楽受験生」たちが、準備不足のまま受験することで、合格率を下げる大きな要因となっているのです。

◆宅建士の難易度が高いと言われる「本当の理由」

宅建士の難易度が高いと言われる理由が合格率の低さにあり、その背景には「お気楽受験生」がいることが分かりました。

多くの書籍やインターネットサイトでも、おおむねそのように説明されています。

しかし、これらは現象面として表れていることを説明しているだけで、真に宅建士の難易度を上げている理由になっていません。

ここで、宅建士の難易度を上げている本当の理由をお話ししましょう。

それは、

試験科目に「民法(権利関係)」の分野が入っていること

です。

普通に生活していて「民法」に触れる機会って、どれくらいあるでしょうか?

「刑法」の分野は、テレビのニュースやドラマで意外とおなじみです。

○○容疑者が、○○罪で逮捕され、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年

なんて言葉はけっこう耳にします。

しかし、「民法」はあまりドラマにも出てきません。

例えば民法の世界では、「悪意」は「よこしまな心がある」という意味ではなく、「知っている」という意味です。

「心裡留保」は有効ですが、「表示行為の錯誤」は無効で、「動機の錯誤」は有効となりうるのです。

意味がわからないですよね(@_@;)

◆民法の独学は難しい

宅建士試験の出題傾向を見ると、「民法」からの出題は、全体の28%におよびます。

「宅建業法」に次ぐ出題率の高さであり、絶対に無視できる分野ではありません。

しかし前述したように、民法分野は理解が難しく、受験者が難しいと感じる、合格を諦めてしまう主要な要因となっています。

ギターでいう「Fコード」のような存在かもしれません(^_^;)

だからわたしは「民法」だけは、完全な独学をおススメしていません。

テキストを読んでも読んでも読み返しても…民法だけは頭に入ってこないのです。

では、どうすればよいか?

お金や時間がとれる方は、資格スクールに通うのが第一の選択でしょう。

スクールでは、講師の先生から知識を注入される感覚でインプットされるので、「民法」などの難しい分野はこの方法がベストだと思います。

勉強時間も強制的に確保されるし、受験仲間に刺激されたりするのもスクールのメリットですね。

しかし、そんなにお金や時間がとれる方ばかりではありません。

そもそも、日本の大部分である「地方」には、資格スクールなどは通える範囲に存在していないのです。

◆スマホで通勤講座

ひと昔前まで、そういう方たちは、ビデオ通信講座をとるか、あきらめてテキストとにらめっこするしかありませんでした。

ビデオ通信講座って、意外と高かったりするんですよね…

しかし最近は、スマホを使って手軽に勉強できる手段が出てきています。

代表的なのが「通勤講座」シリーズですね。

最近のアンケート調査によると、勉強するのにスマホやタブレットを活用する人の割合は、80%を超えているのだそうです。

そして、「通勤講座」を出しているKIYOラーニング社によると、「宅建士・通勤講座」受講者の合格率は45.8%にのぼるのだとか。

それだけ、意識が高いひとが「通勤講座」を利用しているのでしょう。

もちろん講座の内容も、目を見張る点がいくつかあるのですが、それはまた 別の記事 でご紹介します。

◆まとめ

スティーブ・ジョブスがiPhoneを発表した時、

全てを変えてしまう新製品

と表現しました。

そしてその言葉どおり、スマホの登場は学習のあり方までも変えてしまおうとしています。

ただ、最適な学習は人それぞれであることも事実。

色々と試した結果、

やっぱり紙と鉛筆が一番…

という方もいらっしゃることでしょう。

一度、通勤講座を試されてみてはいかがでしょうか?

【通勤講座の無料お試しはこちらから】


《マドンナ、アンジェリーナ・ジョリー、梨花さん、道端カレンさん、 平子理沙さん、優木まおみさん、IKKOさん、サエコさんが愛用する石鹸》
ガミラシークレット
最大の欠点は単なる石けんに見えてしまうこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です