【通勤講座】宅建士の受講費用…金額、支払方法、他社の講座との比較

こんにちは、カゲロウです。

今回は、「宅建士・通勤講座」の受講費用に関する質問に答えていきます。

わたしは「通勤講座シリーズ」を勧めてはいるけど、別にその会社の人間ではないので、少しは中立な話ができると思いますが…

《わたしの宅建受験記は こちら から》

◆問1 「通勤講座」で宅建士を受講する場合の費用はいくらですか?

通勤講座の「宅建士合格コース」は19,800円ポッキリです(笑)

税込金額だから、これ以上は消費税すらかかりません。

公式サイトのQ&Aを見ると、

定価23,980円(キャンペーン価格19,800 円)

と書いてあります。

しかし、正規の料金表では19,800円になっているので、値下げがあっているのでしょうね。

◆問2 通勤講座の受講費用が安い理由は?なぜ金額を低く設定できるのですか?

19,800円という金額は、ほかの通信講座サービスと比較するととても安い金額。

安くできる理由について、公式サイトではこう説明されています。

通勤講座の安さの秘密は、従来の一般的な資格学校・通信講座でかかっていた「合格に関係ない事にかかるコスト」を極限まで削減したことにあります。

「合格に関係ない事にかかるコスト」とは何でしょうか?

まず資格学校ならば、校舎の運営にかかる家賃であったり、備品や電気代が必要になります。

そして通信講座にもいえることですが、教材の印刷・製本・在庫費用などもかさんでくると思います。

あとは広告宣伝費でしょうか。

ユーキャンなんかは、有名人出演のテレビCM+翌朝の朝刊で有名ですね。

これはこれで、視聴者に分かりやすいし、見る人に訴えかけ、潜在的なやる気を引き出す効果はあると思います。

しかしおそらく、一本につき数千万円~億単位の製作費と広告料がかかっていることでしょう。

もちろん、「通勤講座」にも、事務所の家賃であったり、広告宣伝費はかかっていると思います。

インターネットを使ったビジネスモデルなので、システム開発やサーバーにかかる費用は、ユーキャンを上回るかもしれません。

しかしやはり、インターネットの強み。

生徒が増えても、基本的に講師を増やす必要はありませんし、配布テキストの増刷・保管の必要もありません。

「通勤講座」の広告宣伝は、ネットを重視した口コミを重視しているので、ユーキャンとはかかる費用のケタが違ってくるでしょう。

正直、受講者数が増えれば増えるほど、利益は右肩上がりのビジネスだと思います。

もっと受講者数が増えれば、もっともっと受講費用が下がるかもしれませんね(^_-)

◆問3 分割払いはできますか?

分割払いなどの支払い方法について、公式サイトにはこのように書かれています。

分割例 月々1,784円×12回から

お支払い方法でクレジットカード支払いをご選択頂いた場合に、分割払いが可能です。
お支払回数は、一括、分割、リボルビング払いが選択できます。
分割払いを選択した場合は、支払回数を選択できます。

どうやらこれは、クレジットカード会社の分割払い機能を利用するだけの話のようですね。

支払い回数はクレジットカード会社の設定によりますし、分割手数料(金利)が必要となります。

「金利手数料はジャパネットたかたが負担します!」

とは異なりますから、ご注意ください。 

◆問4 他社の講座との比較

前述のユーキャン「宅地建物取引士」は、テキスト版で59,000円、アプリ版で49,000円(税込)となっています。

累計17万人の実績をほこるフォーサイトの「宅建合格講座バリューセット1」が55,200円(税込、CD+DVDセット)。

直前講座がついた「バリューセット2」は、65,600円(税込、CD+DVDセット)となります。

金額だけ見たら、「通勤講座」に軍配が上がりますね。

ただし当然のことながら、講義の内容は各社異なりますし、「これはいい!」と感じるコンテンツなんて人それぞれ。

さらに通勤講座は、本当に電車の中などで講義を聴くとなると、けっこうな通信データ量となるため、その費用が別途かかる場合も考えられます。

各社、体験やお試し講座を提供しているので、面倒でも2~3社試してみるのがいいのかもしれませんね。

◆まとめ

「宅建士・通勤講座」では現在、合格するとお祝い金5,000円がもらえるキャンペーン中を実施中です。

しかしこのキャンペーン、7月31日までに申し込みが必要なので、どうせ申し込もうと言う方は今月中がいいです。

それでなくても2017年度の試験日(10月15日)まで、残り4ヶ月となりました。

どんなに良い講座でも、一定の学習時間は必要となりますので、色々と試すにしても、お早目にどうぞ。

【通勤講座の無料お試しはこちらから】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です