大杉漣の『家族』~息子と娘、最愛のお嫁さんと演じた人生ドラマ

2018年2月21日、俳優の大杉漣さんが心不全のため亡くなりました。

今回は、生前の漣さんを支えた家族をご紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。

【本人プロフィール】
名前:大杉漣(おおすぎ・れん)
本名:大杉孝(おおすぎ・たかし)
生年月日:1951年9月27日 (享年66歳)

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆息子さんはカメラマン

大杉漣さんには息子さんがいて、名前は大杉隼平(おおすぎ・しゅんぺい)さん。

1982年8月28日生まれなので、現在(2018年2月)35歳になります。

息子さんは、2004年からロンドン芸術大学で写真とアートを学び、帰国。

アシスタントを経て現在は、雑誌、テレビ、広告、CDジャケット、宣材写真、カタログなどで活動しています。

息子さんは東日本大震後の2011年9月11日に、

“福島の子供たちに「空」をプレゼント出来ないか…?”

と思いつき、SNSを通じて「空」の写真を募集します。

約2,000人から空の写真が集まったため、これらをつなぎ合わせ、被災児の支援を目的とした写真展『my dear smile~笑顔のつづき~』で公開しました。

また、展覧会後には写真をプリントして、直接、子供たちに届けています。

ちなみに息子さんは、2016年ごろ結婚されたそうです。

◆娘の目標はパティシエ

大杉漣さんには娘さんもいて、名前は大杉そらさん。

娘さんは、幡ヶ谷のイタリアンの店「Fritto」に勤めていて、パティシエを目指しているそうです。

漣さんが『メレンゲの気持ち』に出演した際、そらさんの手作りミルクレープがスタジオにふるまわれ、

“おいしい” “ホールいけますよ”

と、出演者から称賛されていました。

◆最愛のお嫁さん

大杉漣さんのお嫁さんの名前は、大杉弘美さん。

お嫁さんとのなれそめは、漣さんが下積時代に所属していた劇団で出会ったことでした。

漣さんは下積みは長く、低予算のピンク映画やVシネマで活動していたため、お嫁さんも苦労されたことでしょう。

現在、お嫁さんは、所属事務所『ザッコ』の代表取締役社長を務めています。

◆父が教えてくれたこと

息子の大杉隼平さんは、在りし日の漣さんを振り返り、

“小さい頃から、父とは沢山の時間を共有してきました。今も毎週のようにご飯を一緒に食べて、そんな当たり前にあった日常の中で、父はいつも言葉ではなく、体現する事で大切な事を教えてくれたように感じます”

と語りました。

漣さんが教えてくれた“大切な事”とは何だったのでしょうか?

それは、次の言葉で明らかとなります。

“父は本当に『現場者』でした。現場にいることを常に心がけていました。そしてそれを全うしました”

また、妻・弘美さんも、

“大杉は志半ばでありながら、駆け抜けるように逝ってしまいました。【現場者】であり続けたいと故人が願っていた通りの最後となりました”

と、コメントしています。

漣さんが体現していた事とは、

“現場者であれ”

という事なのですね。

この思いは今後、息子さん・娘さんに受け継がれていく事でしょう。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、大杉漣さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』との様々な人生ドラマがありました。

これからは家族の活躍を、漣さんが天国から見守ることとなるのでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

◇編集後記

大杉漣さんといえば、メガネやサングラスがトレードマークでした。

トヨタのCMでかけていたメガネはこちら。

トニーセイム メガネ Tony Same 10303 ts-10303-002

TBSの番組で、漣さんは石橋貴明さんにトニーセイムをプレゼントし、石橋さんは色んな番組でそのメガネを愛用していました(^_-)

《人気連載シリーズ!》

今年も近づいてきた「宅建士」の試験。“隠れ宅建士”カゲロウが試験の極意を紹介していきます。
宅建士の難易度が高い本当の理由…宅建試験の合格率の問題ではない?

「家族の素敵な思い出になる」という視点で、各エリアの人気ホテルをご紹介します。
家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【TOP】

こちらは「ちょっと格好いいお父さん・お母さん」になれる車を、カテゴリーごとに厳選!
家族で乗りたくなる人気の車!おすすめランキング【TOP】

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です