池江璃花子の『家族』~兄弟はいる?母親の名前と画像!父親は?

リオ五輪を前に、水泳の池江璃花子選手に注目が集まっています。

今回は、そんな璃花子さんを育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆母親の名前と画像!

池江璃花子さんのお母さんの名前は、池江美由紀さん。

母・美由紀さんは、幼児教室「七田チャイルドアカデミー本八幡教室」の代表を務めており、璃花子さんも生後2ヶ月から教室に通っていました。

お母さんは、「運動が脳の発達を促す」と紹介する本を読み、自宅のリビングに雲梯(うんてい)を設置します。

すると璃花子さんは、生後6か月で母親の両手の親指を握りしめてぶら下がり、1歳6か月の時には鉄棒の逆上がりもこなすようになりました。

お母さんは語ります。

才能は幼い頃にできるんです。遺伝子より環境が大事。

璃花子さんの驚異的な身体能力は、お母さんの教育の賜でもありました。

それではここで、母・美由紀さんの画像をご紹介します。

image

璃花子さんは、お母さん似のようですね(*^o^*)

◆兄弟はいる?

池江璃花子さんには、7歳年上のお姉さんと、3歳年上のお兄さんがいます。

璃花子さんが水泳を始めたのは、2人が水泳をやっていたから。

お兄さんやお姉さんが何でも上手にできるので、璃花子さんは自分にも関心を持ってもらいたくて、一生懸命練習をしました。

その甲斐あって、5歳の時には全ての泳法で50mを泳げるようになります∑(゚Д゚)

お姉さん達がいなければ、「驚異の中学生スイマー」は誕生していなかったかもしれません。

◆父親は?

池江璃花子さんのお父さんに関する情報は、ほとんどメディアに登場しません。

お母さんは、教育関係の仕事をしている関係もあり、頻繁にお見かけするため、対照的ですね。

このため、「お父さんはいらっしゃらないのではないか?」という事を言う人もいるほどです。

◆まとめ

これまで見てきた通り、池江璃花子さんの活躍の陰には、いつでも温かく支えてくれる『家族』の姿がありました。

リオ五輪、その先の東京五輪での活躍を、日本中が期待しています!

《競泳女子日本代表!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です