橋爪遼の『家族』~妹は橋爪渓、父親は橋爪功、母親も女優なのか?

NHK大河ドラマなどで広く活躍した、俳優の橋爪遼(はしづめりょう)さん。

今回は、そんな遼さんを取り巻く『家族』のスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家

橋爪遼さんは東京出身ですが、橋爪家のルーツは大阪。

祖父・橋爪徳松さんは、大阪電気商会の重役だったそうです。

大阪電気商会はその後「ダイダン株式会社」へ名前を変え、現在は年商1000億円を超える大企業となっています。

◆父親は橋爪功

橋爪遼さんの父親は、同じく俳優として活動している橋爪功(いさお)さん。

1941年9月17日生まれなので、今年(2017年)で76歳になります。

父・功さんは大阪・東住吉区に生まれました。

祖父の徳松さんには本妻がいましたが、甘いもの屋の娘・きぬさんを愛人に持ち、功さんはきぬさんの子供になります。

こう聞くと複雑な家庭ですが、あまり「イヤな思い」をしたことはなかったのだとか。

本妻に子供がいなかったせいか、功さんは頻繁に本宅に行き、父の帰りを待っていたそうです。

功さんは中学2年で父親を亡くすと、高校1年の時に東京に転居し、青山高校に通いました。

この時の同級生に、ドリフターズの仲本工事さんがいたそうです。

高校を卒業後、文学座附属演劇研究所の1期生に合格し、俳優の道を歩き始めます。

文学座の同期には、樹木希林さんや小川眞由美さん、北村総一朗さんがいました。

◆母親も女優なのか?

橋爪功さんは、最初、宝塚の元女優と結婚しています。

やがて、その方と離婚すると、文学座の同期である小川眞由美さんと事実婚状態となりましたが、4年後に破局。

その後、20歳年下の一般女性と再婚したのだそうです。

そして、橋爪遼さんのお母さんは、女優ではなく、この一般女性の方。

沖縄出身の方で、功さんと結婚した時はまだ大学生だったのだとか。

遼さんも妹さんも小柄なので、お母さんも小柄な方だったのでしょうね。

◆兄弟はいる?

橋爪遼さんには、異母兄がいて、名前は橋爪貴明さん。

1966年9月3日生まれなので、今年(2017年)で51歳になります。

暁星高校を卒業後、米国のコロンビア大学に留学。

1990年に「COUNTDOWN」でプロデューサーデビューすると、その後は数々のオリジナルミュージカルを発表。

SMAPのダンスレッスン、ヴォーカル講師等もつとめるなど、幅広く活動しています。

◆妹は橋爪渓

橋爪遼さんには妹もいて、名前は橋爪渓さん。

妹・渓さんは、1989年5月24日生まれで、今年で28歳なので、遼さんより2歳年下。

幼少期よりヴァイオリンを始め、また井上バレエ学園でクラシックバレエを習っていました。

中学入学と共に、ストリート・創作ダンス等様々なジャンルのダンスを開始。

高校卒業後は、作詞作曲を学ぶ為にワタナベエンターテイメントカレッジに入り、DTMやステージングの勉強をしました。

現在はこれらの経験を活かし、女優として活動しています。

ダンスで培ってきたグルーヴ感と小さな身体を感じさせないパワフルな歌声を武器に、ミュージカルや様々なジャンルにも挑戦しています。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、橋爪遼さんの周囲には、表現の世界で真剣に生きる『家族』の姿がありました。

これからも『家族』と共に、遼さんの俳優人生は続いていくことでしょう。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です