加藤凌平の『家族』~イケメン弟の画像!父親と母親も体操選手?

リオ五輪を控え、体操競技の加藤凌平選手に注目が集まっています。

今回は、そんな加藤選手を育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家・父親の職業は体操関係者?

加藤凌平選手のお父さんの名前は、加藤裕之さん。

1964年2月8日生まれなので、年齢は52歳になります。

父・裕之さんも元体操選手で、1989年の世界体操競技選手権(シュツットガルト)に日本代表として出場しました。

現在の職業は、体操の強豪コナミスポーツの監督を務めています。

凌平さんが体操を始めたのは、当然、お父さんの影響で、9歳の時から父の指導で本格的に始めました。

2012年、18歳で日本代表入りを果たした凌平さんは、その年に行われたロンドン五輪に出場。

父が果たせなかった五輪出場の夢をかなえ、団体総合銀メダルの獲得に貢献しました。

◆母親も元体操選手!

加藤凌平選手のお母さんの名前は、加藤由美さん。

年齢は、今年51歳になります。

母・由美さんも元体操選手で、愛知県立緑丘商業高等学校時代は、体操部のキャプテンとして2・3年と2回連続でインターハイと国体に出場。

3年のインターハイでは、団体総合4位、個人総合8位という素晴らしい戦績を残しました。

その後、東京女子体育大学に進学し、2年の時にはインカレ団体優勝に貢献。

現在は、草加市体操協会のキッズクラブ指導員として活躍されています。

また、凌平さんがロンドン五輪で銀メダリストになった後、お母さんは草加市長から連絡を受けました。

メダリストを育てた力を子どもの体力向上に役立ててほしい

要請を請け、2012年10月から、市の教育委員会のメンバーに就任しています。

そんな矢先、凌平さんのスキャンダル画像が流出する事件が起きました。

写真には、凌平さんのほかに3人の女性が写っており、そのうちの2人はサンタクロースのコスプレ。

人の女性からポテトを口移しされている写真など、「ハーレム状態」です(#^^#)

息子の不祥事に、教育委員でもあるお母さんはコメントを残しました。

今後、(体操協会から)どんな処分が下るかはわかりません。ただ私からは息子に『立場をわきまえるようにしなさい』と厳しく言いました

加藤選手、この汚名は、リオデジャネイロ五輪で晴らしてほしいと思います。

◆イケメン弟の画像!

加藤凌平選手には弟がいて、名前は加藤裕斗さん。

1997年4月4日生まれで、年齢は19歳なので、凌平さんより3歳年下になります。

弟・裕斗さんも体操選手で、埼玉栄高校時代は、インターハイ個人総合で優勝(^O^)/

今年4月からは、兄弟入れ替わりで、順天堂大学体操部へ進んでいます。

それではここで、弟・裕斗さんの画像をご紹介します。

160506_加藤凌平の家族
画像左側が弟・裕斗さん。

兄弟そろって、イケメンです(゚д゚)!

実力があって、顔もイケメンで・・・天は二物を与えてしまうのですね(T_T)

◆まとめ

これまで見てきた通り、加藤凌平選手の活躍の礎には、厳しくも温かく支えてくれる『家族』の姿がありました。

加藤兄弟が、世界体操界に旋風を巻き起こす日は、すぐそこに迫っています!

《体操選手の家族!》

 

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です