松山竜平の『家族』~嫁 両親 祖父母に捧げるヒーローインタビュー

広島東洋カープの「アンパンマン」こと、松山竜平(まつやまりゅうへい)選手。

今回は、そんな松山選手を育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親へのプレゼント

松山竜平選手のお父さんの名前は、松山義秋さん。

父・義秋さんは、草野球チームに所属しており、幼い竜平さんに野球の面白さを教えました。

松山選手は小学校でソフトボールチームに入り、6年生では全国大会で優勝します。

161023_%e6%9d%be%e5%b1%b1%e7%ab%9c%e5%b9%b3%e3%81%ae%e5%ae%b6%e6%97%8f

義秋さんは、チームのコーチも務め、竜平さんと二人三脚で野球に取り組んできました。

2015年6月の父の日、テレビの企画でお父さんと電話で話した松山選手。

(父の日の)プレゼントは1本でかいの打つ?

と振られた松山選手は、

ホームラン打ちましょう。出たらホームラン打ちましょう!

と宣言します。

そして迎えた2日後の金曜日。

スタメン出場の松山にチャンスで打席が回ってくると、見事にタイムリー2ベースを放ちました。

それは、ホームランにも勝る、父へのプレゼントとなったことでしょう(*^_^*)

◆母親にはホームランを

松山竜平選手のお母さんの名前は、松山ルリ子さん。

2014年5月4日、松山選手は2ランホームランでチームに勝利をもたらします。

しかし、松山選手にとって、このホームランは特別な意味がありました。

実は、この日は母・ルリ子さんの53回目の誕生日。

お立ち台では、

お母さん、やったよ!

と声を張り上げていました。

◆祖父母に捧げるヒーローインタビュー

松山竜平選手は、九州の強豪・九州国際大学を卒業しています。

実は、大学の学費は、祖父が牛を売ってねん出してくれたのだそうです。

ドラフト時の会見では、祖父に感謝の意を述べながら感極まって大粒の涙を流しました。

ヒーローインタビューでの決まり文句である

鹿児島のじいちゃんばあちゃん、俺やったよ!

には、このような背景があったのですね(T_T)

◆嫁への誓い

松山竜平選手のお嫁さんの名前は、千晶さん。

旧姓は狩山千晶さんとおっしゃり、年齢は松山選手より1歳年下。

偶然にも広島出身の女性だそうです。

お嫁さんとの出会いは、大学時代にさかのぼりますが、長年の愛を実らせ、2010年12月12日に結婚しました。

松山選手は結婚に際し、

結婚することが決まり、家族のためにとにかく来年1軍で活躍したい…

と覚悟を語っています。

◆子供は息子2人!

松山竜平選手は2人の子供がいます。

第1子は、2011年2月生まれの5歳で、男の子。

第2子は、2012年11月生まれの3歳で、こちらも男の子です。

松山選手が野球に興味を持ち出したのは5歳のころ。

ジュニアもそろそろ、グラブを手にしているのではないでしょうか?

◆まとめ

お立ち台のエピソードをもう一つ。

2011年6月、広島は10連敗という悪夢にとりつかれます。

その悪夢を振り払ったのが、松山選手のプロ初本塁打でした。

そして、こちらもプロ初のヒーローインタビューにのぞんだ松山選手は、

ボールはお母さんに渡したい。面倒をかけていたから…

孝行息子の大きな目は、みるみる真っ赤になっていました。

これからも『家族』のために、松山選手の活躍は続いていくことでしょう!

《カープの家族!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です