熊谷紗希の『家族』~彼氏は?兄は?父の職業・実家・身長?母は?

サッカー女子ワールドカップ・カナダ大会はいよいよ決勝を迎えますが、4年前の決勝でPKを決めた熊谷紗希選手は、今大会でも守りの要として活躍しています。

今回は、そんな熊谷選手を育み育てた「家族」にスポットを当てご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆サッカーのきっかけは兄

熊谷紗希選手にはお兄さんがいて、他のなでしこジャパンの選手の大部分がそうであるように、サッカーを始めたきっかけはお兄さんです。

お兄さんは、札幌市立真駒内南小学校時代に真駒内南少年団でサッカーを始め、紗希さんの人生に大きな影響を与えました。

今は結婚されて家族があり、たまに実家に帰った熊谷選手と食事をする姿が、ブログに記載されています。

151022_熊谷紗希の家族
《引用元:KUMAのブログ》

◆父の職業・実家・身長など

熊谷紗希選手の父・敏夫さんの職業は、札幌市立東橋小学校で校長先生をされています。

実家は函館市にあり、函館東高(現市立函館)時代には、バドミントン選手としてインターハイでも活躍していました。

熊谷選手の運動神経や負けん気の強さはお父さん譲りのようですが、身長はどうなのでしょうか?

父・敏夫さんの身長までは分かりませんが、バドミントンはネット際では高身長の方が有利であるため、お父さんもそこそこの身長はあると思われます。

バトミントン選手だったお父さんですが、小学校のころは熊谷選手と一緒にサッカーの練習もしてくれました。

しかし、試合になると激しく言われ、ほとんど褒められたことはないそうです。

それがお父さん流のアスリートの育て方なのでしょうね。

そんな厳しいお父さんも、前回ワールドカップで熊谷選手がPKを決めた時は興奮し、夫婦で抱き合って喜んだそうです。

◆母は縁の下の力持ち

熊谷紗希選手の母・由紀さんは、あまり表に出られませんが、縁の下で紗希さんのサッカー人生を支えました。

紗希さんの中学時代は、電車で片道1時間半かけてクラブチームに通っていたため、お母さんはおにぎり2つとオレンジジュース1つを持たせ、毎回駅まで送り迎えしてくれました。

帰りがどんなに遅くなっても絶対に夜ご飯を作って待っていてくれ、それを10年間毎日続けてくれたそうです。

◆祖父母

熊谷紗希選手の父方の祖父母は、現在も函館で元気に暮らしています。

前回ワールドカップで優勝した時、祖父の銀佐久さんは、「私の名前(銀)以上、孫は金メダルを獲得した。こんな幸せはない」と喜びました。

祖母のトシさんは、「将来は、澤(穂希)選手のように、なでしこを引っ張る存在になってほしい」と孫の活躍を願っています。

◆まとめ

熊谷紗希選手は、現在25歳ですが、彼氏との熱愛報道などは一切聞かれません。

4年前のワールドカップ直後には、合コンの様子が心無い男子大学生に晒されて問題になっており、男性に対して慎重になっているのかもしれません。

近い将来、サッカー以外でも喜びの声が聞こえてくるのを、楽しみにしています!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です