明石家さんまの『家族』~にちかは喘息?姉がいる?兄と菊花賞?

今年で還暦を迎えた明石家さんまさんですが、年齢を感じさせない活躍が続いています。

今回は、そんなさんまさんを育み、支えてきた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は?

明石家さんまさんのお父さんの名前は、杉本恒さん。

さんまさんのお父さんは、サンマなどの魚の加工業を営んでおり、さんまさんの芸名もここから取られました。

お父さんは、さんまさんが50歳の時、心肺急停止のため亡くなります。

葬儀は密葬とされましたが、親しい間柄の間寛平さんには、葬儀の報せがもたらされました。

寛平さんは葬儀の報せを受けると、急いで奥さんから葬儀用の服を受け取り、会場に駆けつけます。

ところが大急ぎで支度したためか、受け取った荷物に入っていたのは、奥さんのブラウス!

寛平さんは仕方なく、レースが入ったブラウスにネクタイを締め、葬儀に挑みます。

しかし、襟元の不自然さを隠し通せるはずもなく、さんまさんに見つかってしまいました。

寛平さんは、「これ、嫁はんがブラウス入れよったんよ…」と説明し、会場に爆笑を起こします。

お葬式なのに…(゚д゚)!

さんまさんは後に、「とうとう親父の葬式まで大爆笑」「あれ、親父怒ってると思うわ」とお父さんの葬儀を振り返っていました。

◆母親について

明石家さんまさんの実のお母さんは、さんまさんが3歳の時、亡くなっています。

その後、お父さんは従姉と再婚しますが、さんまさんと継母は折り合いが悪かったそうです。

◆兄と菊花賞?

明石家さんまさんにはお兄さんがいて、名前は杉本正樹さん。

お兄さんの職業は、お父さんが始めた「カラオケバーさんま」を継いで、経営しています。

お兄さんは今年65歳になりますが、現在3人目のお嫁さんがいて、年齢は34歳(!)

さんまさんの女性好きは、杉本家の血筋なのですね(#^.^#)

さんまさんは競馬好きでも有名ですが、これまたお兄さんも大好きで、キャリアはお兄さんの方が上なのだとか。

2010年末に放送された「さんま・清の夢競馬」では、菊花賞の観客に、偶然お兄さんが写り込んだというアクシデントが紹介されました。

さんまさんがお兄さんの姿に、すぐに気付いたのは理解できますが、共演の杉本清さんもすぐに分かったというから、かなり似ているのでしょう。

そんなお兄さんの画像はこちら。

151230_明石家さんまの家族

なるほど、これはすぐに分かりますね!

◆弟の名前は?

明石家さんまさんには弟もいて、名前は杉本正登さん。

さんまさんの実母が亡くなった後、お父さんが再婚して生まれたのが正登さんでした。

正登さんは、奈良育英高校サッカー部のキャプテンとして、インターハイに出場し、国体でも活躍しています。

継母と折り合いが悪い中、年齢の離れた弟さんのことを、さんまさんは本当に大切にしていました。

しかし、正登さんは、19歳という若さで亡くなってしまいます。

さんまさんの実家を全焼する火事があり、その犠牲となったのでした。

さんまさんは、最愛の弟の死について、こう嘆いています。

今度のワールド・カップをふたりで一緒に見に行こう。キップはぼくが買っとくからって、約束しとったのに…。

◆姉がいる?

明石家さんまさんの事を調べると、「姉」というキーワードが出てきますが、さんまさんは男ばかりの3人兄弟です。

では、なぜ「姉」というキーワードが出てくるのか?

尾木ママのお姉キャラを開発したのはさんまさんですが、それが関係しているのでしょうか…?

◆元嫁・大竹しのぶ

明石家さんまさんの元のお嫁さんは、言わずと知れた大竹しのぶさん。

しのぶさんは、1957年7月17日生まれで、現在58歳なので、さんまさんより2歳年下になります。

さんまさんとは、「男女7人夏物語」で恋人役を演じたのをきっかけに、その後の「男女7人秋物語」「いこかもどろか」でも共演して、親密になりました。

そして、1988年9月に電撃結婚。

しかし、主婦業を優先して欲しいさんまさんと、女優業を続けたいしのぶさんは擦れ違い、1992年9月に離婚してしまいます。

離婚会見当日、しのぶさんは、自宅玄関で「いつか、君は必ず帰ってくる」とさんまさんに抱き締められたそうです。

◆息子・にちかは喘息?

明石家さんまさんの息子の名前は、二千翔(にちか)さん。

1985年生まれなので、今年で30歳になりますね。

元々大竹しのぶさんの連れ子ですが、離婚した現在も、さんまさんは自分の息子のように可愛がっています。

実は、二千翔さんは、幼い頃からアレルギー性喘息で苦しみ、薬を飲みつづけていました。

食事制限も厳しく、発作が起きると、涙を流しながら、ぜいぜい苦しむ姿を見かねたさんまさんは、立ち上がります。

よし、俺が治す。ええか、絶対に薬を飲ませたらあかんぞ

「窒息したらどうするの」と抗議するお義母さんに、さんまさんは「一日だけ僕に時間をください」と頼み、枕元で二千翔さんの手を力強く握りしめました。

それから、一睡もせずに、朝まで息子さんを励まし続けます。

すると、驚いたことに、喘息の発作はそれ以来、すっかり鳴りを潜めたのでした。

子を思う父の気持ちは、血が繋がっていようがいまいが、関係ないという事ですね!(^^)!

◆娘・IMALUは本名?

明石家さんまさんと大竹しのぶさんの間に生まれた娘が、タレントのIMALUさん。

1989年9月19日生まれなので、年齢は26歳になります。

IMALUさんの本名は、「いまる」さんですが、さんまさんによると「”い”きてるだけで”まる”もうけ」から命名したそうです。

しかし、しのぶさんは「”いま”をいき”る”」から名付けたと反論しています。

さんまさんは元々、IMALUさんが芸能界に入ることに「大反対」しており、IMALUさんが出演する番組はチャンネルを変えるのだそうです。

理由は、芸能界の先輩として、父親として、どうしても厳しい目線になること。

「心配や~。早く(芸能界を)辞めて~」と、親としての心境を明かしています。

◆まとめ

明石家さんまさんが3歳の頃、仲が良かった犬が、珍しく腕に噛みついてきて、病院で2針縫う傷を負った事があります。

その傷は、今でもさんまさんの腕に残っていますが、実は、仲良しの犬がさんまさんを噛んだ日は、お母さんの葬儀の日でした。

仲良しの犬は、お母さんの葬式の日を覚えさせるため、さんまさんを噛んだのです。

実の母親の顔を覚えていないさんまさんにとって、腕のキズだけが、母親とのキズナを示す、唯一の思い出となったのでした…

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です