大村智の『家族』~父と母の職業は?弟は東大?妻・子供について

北里大特別栄誉教授である大村智さんが、ノーベル生理学・医学賞の受賞が決まり、話題となっています。

今回は、そんな大村さんを育んだ『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

《名前が似ていると話題に!》
大野智の『家族』~父親の仕事は?母親の名前はけいこ?姉の写真は?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は?

大村智さんのお父さんは、山梨県の韮崎で農家を営んでいました。

村の顔役として、いつも村のために働いていたお父さんは、大村さんの自慢であり、今でも活躍する村の簡易水道も、お父さんの働きかけで引かれたものです。

お父さんは、大村さんにああしろこうしろとは言いませんでしたが、野良仕事だけはみっちり仕込まれました。

また、田んぼ、畑、養蚕に関する手筈なども教え込まれ、中学3年のころには、村の仕事を仕切れるくらいに成長します。

そのまま、父親同様に村の世話役になると思っていましたが、高校3年の春、お父さんから

勉強したいなら大学へ行っていいぞ。

と言われました。

それから猛勉強して山梨大に入学したことで、運命は大きく変わっていきます。

151015_大村智の家族
中学時代(引用元・sankei.com

◆母親の職業は?

大村智さんのお母さんは、小学校の教師でした。

しかし、「勉強しろ」とはまったく言わず、画用紙やクレヨンを買ってくれて、絵を描くことを勧められます。

お母さんは、学力よりも、感性を伸ばすことを大切にしてくれたのでしょう。

このことは、後に科学者としての発想力を養ったばかりか、科学者でありながら美術にも明るいという、人間の深みを与えてくれました。

◆祖母

お母さんが学校で働いているあいだは、お祖母さんが大村さんの面倒を見てくれました。

お祖母さんは、口癖のように

情けは人の為ならず、巡り巡って己が為。

ということわざを繰り返し、大村さんに教えました。

とにかく人のために働きなさいと、常に言い聞かされて育ったわけです。

大村さんの人生は、

祖母の教えの実践だったなぁ…

と、大村さん自身が語っています。

◆弟は東大?

山梨大学を卒業した大村さんは、都立高校の夜間部の教師となりますが、己の力量不足を感じ、東京教育大(現・筑波大)の研修生となります。

しかし、そこで化学にのめり込んで東京理科大の大学院修士課程に進み、研究に没頭しました。

このころ、弟さんが東京大学に受かり、

東京にいるなら弟の面倒くらい見ろ!

とお父さんに言われ、弟の面倒も見ることになります。

お兄さんはノーベル賞で、弟は東大!(^^)!

ご両親は、天国でさぞかし鼻が高いことでしょう。

◆最愛の妻

大村智さんの奥様のお名前は、文子さん。

大村さんの研究を陰で支えながらも、はっきりとした性格だったようで、アメリカへの留学先を決める際は、

(給料が)一番高いところがいい!

と希望しています。

日本に帰って、北里研究所に乗り込んだ際も、

やっと給料もちゃんと入るようになったのに、また給料の安い研究所に戻るなんて…

とぼやいていたそうです。

こう書くと、拝金主義の女性のようですが、勿論そんな事はなく、大村さんは奥さまを「ワイフ」と呼び、とても大事にされていました。

◆子供

大村智さんは、現在、長女の育代さん(42)と2人で暮らしています。

受賞発表前、大村さんは真っ先に育代さんに

ノーベル賞決まったよ!

と連絡しました。

育代さんは、

えっ本当に?よかったね(^o^)丿

と返したという事です。

◆まとめ

これまで見てきた通り、大村さんの栄光の陰には、憧れの父の姿があり、母と祖母の教えがあり、そして、奥さまの愛の力がありました。

奥さまは残念ながら、一足先に天国にいらっしゃいますが、大村さんは受賞の喜びをこう語っています。

16年前に亡くなった家内に(受賞を)伝えたい…

ノーベル賞は、夫婦2人に与えられた栄誉とも言えるでしょう!

《ノーベル賞受賞者!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です