星野仙一の『家族』~最期は娘2人に抱かれ、妻が待つ天国へ…

プロ野球選手時代は「燃える男」、監督就任後は「闘将」と呼ばれた、星野仙一(ほしの・せんいち)さん。

今回は、そんな星野さんを支えた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆最期は2人の娘に抱かれ…

2018年1月4日、星野仙一さんは、膵臓がんのため亡くなりました。

星野さんは、2016年にはガンを告知されたものの、周囲には一切知らせなかったそうです。

2017年末には家族でハワイ旅行を計画していましたが、体調を崩し急きょ中止になります。

日本で家族と正月を迎え、おせち料理も楽しみましたが、2018年1月2日に倒れ容体が急変しました。

1月4日の早朝、愛する家族にみとられ、旅立ちます。

最期は2人の娘に抱きかかえられ、その表情は安らかだったということです。

娘の名前は、長女が千華さん、次女が和華さん。

ちなみに、和華さんの息子(星野さんの孫)の名前は“仙太”くんです。

ところで、星野さんの娘さんのことを調べると『永井病院』というキーワードが浮上。

『永井病院』は、三重県津市にある中堅病院ですが、星野さんの娘さんと関係あるのでしょうか?

ちなみに、『永井病院』の院長先生のお名前は“星野康三”さんと仰るようです。

◆妻が待つ天国へ…

星野仙一さんの夫人の名前は、扶沙子(ふさこ)さん。

2人のなれそめは、1965年の春のことでした。

岡山県出身の星野さんは明治大学の一年生で、東京出身の扶沙子さんは慶応大学文学部の二年生。

知人の紹介で、扶沙子さんが神宮球場にまんじゅうを差し入れたのが、交際のきっかけだったそうです。

星野さんはプロ入りを機に、扶沙子さんプロポーズします。

“もう決めた。お前に決めたから”

一方的にこう言われた扶沙子さんは、ただうなずくしかなかったのだとか(#^.^#)

星野さんは結婚後も野球が全てであり、家では完全な亭主関白でした。

そんな星野さんを、扶沙子さんは細かい気配りで支え続けました。

大事な試合の前日には、星野さんに内緒で、近所の寺社3箇所を巡っていたといいます。

1987年からは中日ドラゴンズの監督を務めた星野さんですが、1991年に「健康上の理由」で辞任。

しかしこれは表向きの理由であり、実際には夫人の白血病発症が大きく関係していました。

以来、星野さんは片時も扶沙子夫人のそばを離れず、献身的な看病を続けます。

そして、病状が快方に向かった時、扶紗子夫人は星野さんにこう言いました。

“私ね、やっぱりあなたのユニホーム姿が一番好き”

妻の後押しを受けて、星野さんは再び中日の監督に復帰します。

そして、復帰から1年後の1997年1月、妻・扶沙子さんは天国へ旅立ちました。

享年51歳。

星野さんは葬儀で、

“扶沙子は、こよなく名古屋を愛し、私以上にドラゴンズを愛し、頑張ってくれた……”

と話し、普段は見せない大粒の涙を流しました。

◆実家の父親

星野仙一さんは、岡山県児島郡福田町(現・倉敷市)の出身。

父親の名前は、正田仙蔵さんと言って、三菱重工業名古屋航空機製作所の航空技術者でした。

1943年、岡山県に三菱重工業水島航空機製作所が開設されると、父・仙蔵さんはそこの工長(技術系下士官)を命じられ、一家で岡山県に移り住みます。

しかし父親は、脳腫瘍に侵され、星野さんが生まれる前に48歳の若さで亡くなっています。

◆母親の名前は?

星野仙一さんの母親の名前は、星野敏子さん。

父・仙蔵さんと名字が異なるのは、双方とも生家の後継ぎだったことから、入籍をしていないためです。

そして、

“最後に生まれた子供が、(母方の)星野の姓を継ぐ”

という約束通り、末っ子の仙一さんが星野姓を名乗ることとなりました。

亡き父に代わって家計を支えるため、母・敏子さんは午前3時から豆腐店で働き、昼には夫が働いていた工場の寮母を。

そして夜には知り合いの店で皿洗いをこなし、まさに身を削って働きました。

星野さんが倉敷商業高校に進学すると、敏子さんは珍しく強い口調でこう言いました。

“今の時代、これからの時代は、絶対に大学に進まなくてはダメ。卒業してすぐプロに行くのではなく、大学で勉強しなさい”

星野さんは言いつけを守り、プロからの誘いを断って明治大学に進学しています。

明治大学でも活躍した星野さんは、1968年のドラフト会議で『中日ドラゴンズ』から1位指名。

1800万円もの契約金を手にした星野さんが最初にしたことは、母・敏子さんへの恩返しとして、400万円を送ることでした。

さらに、残りをお世話になった人や、高校、大学への寄付などに使い、星野さんの手元にはほとんど残らなかったそうです。

◆2人の姉

星野仙一さんには、2人の姉がいます。

長姉が美和子さん、次姉は須恵子さんというお名前です。

前述の“約束”があるため、姉2人は実の姉弟でありながら姓が異なり、『正田』の姓を名乗っていました。

◆まとめ

星野仙一さんの妻・扶沙子さんが旅立ってから2年後。

星野監督は、夫人の夢であった“優勝”を決め、胴上げで宙に舞いました。

奇しくも、胴上げの場所は、扶沙子夫人と初めて出会った思い出の地「神宮球場」。

今ごろ2人は天国で再会し、思い出話に花を咲かせていることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

◇編集後記

星野仙一さんが、阪神タイガースの監督に就任したことを記念した腕時計がこちら。

Sinn / ジン 303.Tiger タイガース 星野仙一監督就任モデル 77本限定【中古】

タイガースカラーのイエローがアクセントになっていますね。

背番号と同じく、国内限定77本という、非常にレアな逸品です(^_-)

《こちらの記事も読まれています》

星野仙一の【高校時代】甲子園出場は?当時のポジションと成績は?

《家族で素敵な思い出を* ゚・。* 》

「家族の素敵な思い出になる」という視点で、各エリアの人気ホテルをご紹介します。
家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【TOP】

こちらは「ちょっと格好いいお父さん・お母さん」になれる車を、カテゴリーごとに厳選!
家族で乗りたくなる人気の車!おすすめランキング【TOP】

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です