日野原重明の『家族』〜息子さんも医師、認知症の妻は4年前に死去

2017年7月18日、聖路加国際病院・名誉院長の日野原重明(ひのはらしげあき)さんが亡くなりました。

今回は、日野原さんを支えた『家族』にスポットを当て、在りし日の日野原さんを偲びたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は牧師

日野原重明さんの父親の職業は牧師。

日野原さんが生まれた時は、アメリカにあるユニオン神学校に留学中でした。

日野原さんは、父親の影響を受け、7歳で受洗しています。

お父さんは留学から帰国すると、大分メソジスト教会や神戸中央メソジスト教会を経て、広島女学院長に就任。

日野原さんも、大分や神戸で幼少期を過ごしています。

◆母親の出身は山口県

日野原重明さんのお母さんの名前は、満子さん。

母・満子さんは山口県吉敷郡下宇野令村の出身であり、日野原さんもお母さんの実家で生まれています。

働き者で、やりくり上手だったお母さんが急に倒れたのは、日野原さんが10歳の時。

尿毒症になって、夜中にけいれんを起こし、意識を失ってしまいます。

かかりつけ医師の安永謙逸先生は、

これは非常に重篤だ

と言いましたが、

助かるの?

と質問する日野原少年に、先生は黙ってうなずいてくれました。

安永先生の処置もあり、事なきを得たお母さん。

あのようなお医者さんになって、病弱な人の面倒をみたい

と、子供ながらに思ったのが、日野原さんが医師を志す動機になりました。

◆6人兄弟の次男

日野原重明さんは、6人兄弟の次男。

明治の年号にちなみ、兄弟全員の名前に「明」の字が入っているそうです。

1歳上にはお姉さんがいましたが、負けん気が強い日野原少年は、1歳上の姉を追い抜いてやろうと考えます。

小学1年の時に、本来なら2年で習うひらがなをすべて覚え、毎朝の聖書の輪読は、お姉さんより先にできるようになりました。

◆認知症の妻は4年前に死去

日野原重明さんの父・善輔さんは、広島女学院の院長を定年でやめて、上京。

田園調布の教会で牧師を務めましたが、その教会の日曜学校で教えている女性がいました。

教会の役員が、

いいお嬢さんだから、どうですか

と交際を勧めてくれます。

その女性は、性格がとても素直で、日野原さんと同じ神戸育ち。

いいお母さんになれそうだと思い結婚したのが、妻・静子さんでした。

◆息子が3人、三男は医師

日野原重明さんには、3人の息子さんがいます。

長男の名前は明夫さん、三男は知明さんです。

三男の日野原知明さんは医師であり、慶応大学の医学部を卒業しています。

現在は米国在住で、米国セコイア病院のカテーテルラボラトリー主任。

カテーテル機器・材料の開発者としても有名だそうです。

◆まとめ

晩年、80歳を超えた妻・静子さんは、認知症を発症します。

記憶が著しく衰え、車椅子に無表情で座り、ただ日々生きている静子さん。

そんな妻の寿命が尽きる日を…家に帰ったときに手を握って

ただいま・・・

と言えなくなる日が来ることを、日野原さんは何よりも恐れていたといいます。

4,000人もの患者を看取ってきた100歳の現役医師でも、目の前に迫る妻の死を覚悟できなかったのです。

しかし、逆を言えば、それだけ静子さんは、日野原さんにとってかけがえのない存在だったのでしょう。

4年前、先に旅立った静子さんと、今頃は天国で再開を楽しんでいることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です