水木しげるの『家族』〜長女 尚子・次女 悦子・嫁の名前は?

2015年11月30日、漫画家の水木しげるさんが、心不全のためご逝去されました。

今回は、在りし日の水木さんを支えた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆嫁の名前は?

水木しげるさんのお嫁さんの名前は、武良布枝さん。

1932年1月6日生まれなので、現在83歳です。

布枝さんは、島根県の商家・飯塚家に生まれ、安来高等女学校を卒業した後は、細々と家業を手伝っていました。

そうしている内に結婚適齢期を過ぎてしまい、ようやく舞い込んだ見合い話の相手が、水木しげるさん。

貧乏な水木さんの生活は、見合い話で聞かされた話とはかけ離れており、水木さんの家を初めて見たとき、布枝さんは声を上げて驚きました∑(゚Д゚)

しかし、懸命に漫画を描く水木さんの姿を見て、布枝さんは次第に敬意を抱くようになります。

漫画の締め切りが迫ると、ベタ塗りなどの単純作業をこなして、水木さんを支えました。

◆長女・尚子さん

水木しげるさんには娘が2人いて、長女の名前は、原口尚子さん。

現在は水木プロダクションの社長を務めていますが、元々は学校の先生でした。

ドラマ「ゲゲゲの女房」で描かれる長女は、有名人の娘として苦労をしたようですが、恐らく同じような体験をしてこられた事でしょう。

同じくドラマではしっかり者に描かれていますが、これは私生活でも、しっかりされた方なのだそうです。

◆次女・悦子さん

水木しげるさんのもう一人の娘・次女の名前は、水木悦子さん。

1966年12月24日生まれなので、年齢は48歳となります。

ちなみに、姉・尚子さんも誕生日が同じだそうで、二人ともクリスマスイブの生まれなんですね!

現在は、水木プロダクションの社員として働く傍ら、エッセイストとしても活動し、著書に「ゲゲゲの娘日記」などがあります。

悦子さんの方がお父さんに性格が似ており、幼少期は妖怪に夢中になったり、超マイペースなところもソックリですね。

それではここで、次女・悦子さんの画像をご紹介します。

image

雰囲気もお父上に似ていて、漫画家みたいに見えますね!

◆まとめ

これまで見てきた通り、水木しげるさんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

水木しげるさんが亡くなっても、水木しげるさんが世の中に伝えたかったものは、娘たちに受け継がれていく事でしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です