岸井成格の『家族』~最期まで寄り添った妻と子供、父は元衆議院議員

毎日新聞の主筆を務めるなど、毎日新聞社やTBSの「顔」として活躍した岸井成格さんが、肺腺がんのため亡くなりました。

今回は、生前の岸井さんを支えた家族をご紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。

【本人プロフィール】
名前:岸井成格(きしい・しげただ)
生年月日:1944年9月22日
没年月日:2018年5月15日(享年73歳)
最終学歴:慶應義塾大学法学部

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆最期まで寄り添った妻と子供

岸井成格さんは結婚されていて、奥様と子供さんがいました。

慶応大の同級生である佐高信(さたか・まこと)さんが病気を気遣うと、奥さんから

“(夫の)体調は良くないが、カステラなら食べられる”

と聞いて、亡くなる前日にカステラを送ったそうです。

これまで2度のがんを乗り越えましたが、体調不良を理由に、2017年末からテレビ出演を休んでいた岸井さん。

奥さんはそんな岸井さんを、一番近くで支えてきました。

子供さんの詳細は不明ですが、40~50代くらいでしょう。

言論人として生きた父と祖父のDNAは、確実に子供さんに受け継がれています。

◆父親は元衆議院議員

岸井成格さんの父親の名前は、岸井寿郎(きしい・としろう)氏。

香川県豊田郡常磐村(現 観音寺市村黒町)の出身で、旧制香川県立三豊中学校、旧制第三高等学校を経て、東京帝国大学法学部英法科を卒業しました。

その後、満洲旅行、司法官試補を経て、大阪毎日新聞へ入社。

なんと、岸井さんはお父上と同じコースを歩んでいたのですね。

父・寿郎氏は、関連会社である東京日日新聞社に勤務し、印刷部長・営業局次長を歴任。

この間、『連盟を脱退すべし』『満洲の我移民村』等の著書を刊行しています。

その後、新聞社を退社すると、1942年の第21回衆議院議員総選挙に香川県第2区から出馬し、当選。

1945年に公職追放されるまで、大蔵省委員、内閣委員などを務めました。

公職追放後は実業界に入り、日本デリス社長、協和鉱業社長、中央広告通信会長を歴任。1970年10月1日に79歳で亡くなられています。

◆母親と兄弟

岸井成格さんの実家の家族は、父親の他に母、兄、弟の5人家族だったそうです。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、岸井成格さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた家族の姿がありました。

これからは天国で、奥さんや子供たちを見守り続けることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

《編集部より》

今回の北海道地震や台風21号では、何十万、何百万という世帯で停電が発生しました。

テレビが見られず、貴重な情報源となったのがスマートフォン。

しかし、停電が長引くとスマホは充電が不足し、数少ない充電ポイントは長蛇の列となっています。

これを機に私たちも、災害時に役立つ充電器を確保しておく必要があると感じました。

\クーポンで5%値引/防水 防塵 耐衝撃★大容量 16000mAh モバイルバッテリー ソーラー 充電器 防災グッズ スマホ充電器 アンドロイド iPhone アイコス スマホ 充電 iPhone iPad スマホバッテリー タブレット スマホ充電器 持ち充電器 持ち充 もちじゅう 持ち運び充電器

急速充電が可能で、最後の砦としてソーラーチャージャーもついているタイプが、災害時には有効です。

《家族の特集記事》

「家族の素敵な思い出になる」という視点で、各エリアの人気ホテルをご紹介します。
家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【TOP】

こちらは「ちょっと格好いいお父さん・お母さん」になれる車を、カテゴリーごとに厳選!
家族で乗りたくなる人気の車!おすすめランキング【TOP】

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です