櫻井翔の『家族』~父は事務次官?母・妹・弟のエピソードや画像

「嵐」のメンバーとしてのみならず、俳優・司会者・ジャーナリストなど幅広く活躍する、櫻井翔(さくらいしょう)さん。

今回は、そんな櫻井さんを育んだ『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は港区

櫻井翔さんは、1982年1月25日生まれの現在33歳。

東京都港区出身で、幼稚舎から大学までを慶応で過ごしていますが、慶応義塾普通部(中学)2年の時、面白半分でジャニーズに履歴書を送ったところ合格し、芸能活動を開始しました。

慶応義塾高校の3年生であった1999年11月、「嵐」としてデビューを果たしたものの、人生の大きな岐路に迷いを抱えます。

しかし、ある少年のファンの死をきっかけに迷いを断ち切り、国民的アイドルグループへと成長していきます。

◆父・俊さん

櫻井翔さんの父・俊(しゅん)さんは、1953年12月14日生まれで、現在61歳。

群馬県立前橋高等学校、東大法学部を出て旧郵政省に入省し、現在は総務審議官という総務省官僚のナンバー2のポストに就いています。

翔さんが中学の時、オーディションの案内通知が届いたときに、お父さんは

「何だこれ、聞いてないぞ」「行くな!」

と大激怒しました。

結局、ジャニーズ事務所入りしてから約10年の間、父子の確執は続きます。

ある日、翔さんのソロコンサートに、お父さんが足を運んだ事がきっかけとなり、芸能活動を認めてくれる事となりました。

◆母のエピソード

櫻井翔さんのお母さんの名前は陽子さんで、お茶の水女子大学出身、駒沢大学の教授を務めていると報じられていました。(フライデー、週刊女性)

しかし、大学側は

陽子教授はタレントの櫻井さんとは無関係です

と否定しています。

また、お母さんの実家は、群馬県で新聞社を所有している資産家であり、華族出身という噂もあります。

これらの真偽はともかく、お母さんは、厳格なお父さんと対照的に大らかな性格。

翔さんがジャニーズに勝手に応募した時は、激怒するお父さんの横で笑っていました。

また、お母さんが作った弁当には「納豆ごはん」や「ポットと白米とレトルトカレー」が入っている事があり、忙しくユーモラスなお母さんを象徴するエピソードですね。

◆妹・舞さん(画像)

櫻井翔さんの妹・舞さんは、1986年8月18日生まれで、現在28歳です。

妹さんは幼稚園から成城に通い、2009年に成城大学を卒業後、日本テレビに総合職として入社しました。

ニュース番組のリポーターを務めるほか、東京地検特捜部や国税庁を担当する司法記者としても活躍しており、兄の七光りではなく、実力派の記者として評価されています。

写真を見ると、やはり目鼻立ちが兄妹よく似ていますね。

150530_櫻井舞

◆弟・修さん

櫻井翔さんの弟・修さんは、翔さんより13歳年下で、現在、慶應義塾大学の経済学部に在籍しています。

ラグビー部に所属する弟さんのポジションはスクラムハーフ。

2015年4月に秩父宮ラグビー場で行われた「オール早慶明3大学ラグビー」に初めてレギュラーとして出場を果たしました。

ラグビー経験のある翔さんも応援に駆けつけ、記念すべき弟のデビュー戦を見守るなど、兄弟仲は大変良好のようです。

◆まとめ

櫻井翔さんも、もういい年齢となり、これまで北川景子さんや堀北真希さんとの噂が出たことはありましたが、ゴールインは見えていないようです。

ただ、結婚については

いつかはしたい…!

と考えているようなので、その時が来たら、またこのブログで取り上げたいと思います!

《ついにその時が…お相手は?》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です