中村奨成のWiki物語~出身地、身長・体重、生年月日、血液型など

清原和博氏が持つ、1大会の甲子園本塁打記録を塗り替えた、広陵高校の中村奨成(なかむら・しょうせい)選手。

今回は、そんな中村選手の出身地や身長などをWikipedia風にご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆出身地

中村奨成選手の出身地は、広島県廿日市(はつかいち)市。

廿日市に聞き覚えがなくても、日本三景「安芸の宮島(厳島)」があるところといえば、分かる人は多いでしょう。

廿日市の中でも、中村選手は大野地区の出身です。

以前は、広島県佐伯郡大野町でしたが、平成の大合併で佐伯郡宮島町と共に廿日市市に編入されました。

ちなみに、中村選手の出身校は、廿日市市立大野東小学校、廿日市市立大野東中学校です。

◆身長・体重

中村奨成選手の身長は181cm、体重は76kgです。

参考までに、清宮幸太郎選手は、身長184cm、体重100kg。

清原和博氏は、身長188cmなので、体重86kg(高校時代)なので、身長はともかく、体重はスリムと言えます。

身長181cmの野球選手と言えば、広島カープの鈴木誠也選手や、ソフトバンクの松田宣浩選手がいます。

プロ選手としては、平均的な身長と言えるでしょう。

◆生年月日や血液型など

中村奨成選手の生年月日は、1999年6月6日。

何だか覚えやすい…一度聞いたら、忘れられない生年月日ですね(―_―)!!

6月6日は星座でいうとふたご座。

ふたご座男性の特徴は、好奇心旺盛でコミュニケーション能力に長ける反面、二面性がありウソをつくのが上手いのだとか…(>_<)

ちなみに、ハンカチ王子・斎藤佑樹投手も6月6日生まれです(1988年)。 

あ、なんだかふたご座っぽいと思うのは、私だけでしょうか…(^_^;)

なお、中村選手の血液型は、まだ公表されていないようですね。

以前、中村選手はキャッチャーになった理由について、

人と違うポジションをやりたかったんです。

と話しています。

人と違うことをやりたがるのは、B型の最大の特徴。

中村選手の血液型は「B型」だと予想します。

◆まとめ

中村奨成選手は、9月1日からカナダ・サンダーベイで開催されるU―18ワールドカップの日本代表に選ばれています。

甲子園が終わっても、ワールドカップ、ドラフトと、注目が続きそうですね。

これからも野球を通じて、日本を元気にしてほしいと思います(^o^)丿

《特選記事!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です