多田修平のWiki物語~中学・高校はどこ出身?大学は関学…身長は?

陸上短距離界に彗星のごとく現れた、多田修平(ただしゅうへい)選手。

ただ、彗星のように現れてしまったため、Wikipediaが間に合っていません。

そこで今回は、多田選手のプロフィールをWikipedia風にご紹介します!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

多田修平‐Wikipedia(風)

多田修平(ただしゅうへい、1996年6月24日-)は、日本の短距離走者。関西学院大学に在籍中。

◆略歴

出生から学生時代まで

生年月日は1996年6月24日。

2003年4月   小学校入学
2009年4月   東大阪市立石切中学校に入学
2012年4月   大阪桐蔭高等学校に入学
2015年4月   関西学院大学に入学。現在は法学部の3年生

◆競技歴

2017年5月29日

「ゴールデングランプリ川崎」の男子100mに出場し、ジャスティン・ガトリン、ケンブリッジ飛鳥に次ぐ3位。

ガトリンにして

誰だか知らないが、すばらしいスタートを切った選手がいた。彼こそが今日のダークホースだよ

と言わしめた。

2017年6月10日

陸上の日本学生個人選手権に出場し、男子100メートル準決勝で追い風4・5メートルの参考記録ながら9秒94を記録した。

◆人物

多田修平
Shuhei Tada

スペック

身長176cm、体重68kg。

もともと65kgであったが、筋力トレーニングにより3kg増量した。

血液型

不明

家族

不明

趣味

一眼レフで写真撮影

特記事項

試合前にスタバで一杯やると、良い結果を残せる

実績を残しながら、関西の大学ということで注目を集めてこなかったが、本人には「関西から世界へ」という想いが強くある。

生粋の関西育ちらしく、口調はコテコテの関西弁。しかし物腰や声のトーンは実に柔らかい。そしてそんな優しげな口調から発せられる言葉は、強烈なものがある。

◆まとめ

彗星のように現れただけに、まだ情報が少ないですね(T_T)

しかし、あっという間に生い立ちや陸上を始めたきっかけ、高校時代の彼女にいたるまで(?)明らかになっていくことでしょう(*^_^*)

また一つ、東京五輪の楽しみが増えてしまいました。

多田選手の挑戦を、日本中が応援しています(^o^)丿

《世界陸上リレーメンバー》

《特選記事》

9秒台一番乗りは誰?2017年の男子短距離界を代表する5人を比較

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です