藤村俊二の『家族』~妻の長尾美香代とは再婚?子供の画像

2017年1月25日、俳優・タレントとして活躍した藤村俊二さんが、心不全のため亡くなりました。

今回は、そんな「おヒョイさん」の在りし日を支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は?

藤村俊二さんのお父さんは実業家で、スバル興業の社長も務めた人物でした。

スバル興業は、1946年に映画館として創業し、有楽町スバル座などを運営するほか、道路メンテナンスなども手掛ける上場企業です。

そんなお父さんが、藤村さんに大切なことを教えてくれたエピソードがあります。

高校時代の藤村さんは、芸者遊びに没頭し(!)、お金がなくなったため、家にとりに帰ったことがあります。

すると、何とお父さんの事業が失敗して、実家が人手に渡っていたのでした。

しかし、藤村さんは諦めず、道具屋さんを呼んで、めぼしいものを売ってお金を作ります。

芸者遊びが終わり、藤村さんは勘当される覚悟でお父さんのもとへ戻りました。

お父さんはこう言い放ちます。

俊二、お前、眼がある。高いものから売ったぞ

この経験が、本物を見極めるという意味で、藤村さんの生き方のターニングポイントになっているそうです。

蛙の子は蛙。

お父さんは、転んででも只では起きない、飄々とした人物だったのでしょう。

◆母親の教え

藤村俊二さんのお母さんも、独特な教育方針の持ち主です。

藤村さんは幼稚園の時、「登山ごっこ」で大勢の友達を負傷させ、幼稚園を退園処分となったことがあります(゚д゚)!

しかしお母さんは、

よかったわね、おうちでゆっくり遊びなさい

と平然としていました。

家の中で兄弟ケンカをして障子を破っても、「やめなさい!」などと言うことはなく、頃合を見計らって

疲れたでしょう、お茶にしましょう

と余裕の対応。

ただし躾は厳しく、

「顔を洗ったら飛沫をあげたままにしておいてはいけない」
「次に使う人のために綺麗にしておきなさい」

ということはよく言われました。

人としての品格を大事にする方だったのでしょうね。

◆兄弟はいる?

藤村さんは6人兄弟で育ちました。

裕福な家庭であったため、兄弟には一人ずつお手伝いさんがついていたというエピソードがあります。

◆妻の長尾美香代さんとは再婚?

藤村俊二さんの奥さんの名前は、長尾美香代(みか代)さん。

1962年4月22日年生まれなので、 年齢は 53歳となります。

美香代さんはタレントで、「世界・ふしぎ発見!」のミステリーハンターとして活躍し、長渕剛さんのドラマにも出演していました。

1996年、藤村俊二さんと結婚しましたが、27歳の「年の差婚」は当時、話題となります。

後年は、藤村さんの事務所社長兼マネージャーを務めるほか、「オヒョイさんとひなたぼっこ」というエッセイを雑誌に連載していました。

妻・美香代さんは、藤村さんが引退した噂が出た時、次のように肯定しています。

実は、藤村は仕事を全部辞めたんです。芸能界を引退?そういうことになりますね

藤村さんは、血管がボロボロの状態だったそうで、美香代さんは、動脈硬化や心筋梗塞が心配だったのでしょう。

ちなみに、

藤村さんと美香代さんは再婚なのか?

という話題がありますが、50歳近い息子さんがいますから、再婚で間違いないと思います。

◆子供の画像

藤村俊二さんの子供さんは、藤村亜美さん。

名前は「亜美さん」ですが息子さんです。

1966年7月28日生まれなので、年齢は49歳になります。

1990年に成城大学卒業後、アメリカ・カリフォルニア州に留学し、美術を専攻。

1993年に永住権を取得し、ロサンゼルスでCMコーディネーターを務めていましたが、2005年に帰国しました。

帰国後は、父・藤村俊二さんのグリーティング・カードやブックカードのプロデュースなどを手掛けています。

息子さんは、藤村さんの引退報道に否定的な立場でした。

一部報道による『引退』につきまして、父本人はそのような言葉を口にしておりません

とコメントを出しています。

それではここで、長男・亜美さんの画像をご紹介します。

 151219_藤村俊二の家族2

若かりし日の藤村さんに、よく似ていますね!

◆まとめ

これまで見てきた通り、藤村俊二さんの活躍の陰には、いつでも温かく支えてくれる家族の姿がありました。

生前の写真を見ていると、ある日「ヒョイ」と復活されるような気がしてなりません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です