原晋の『家族』~嫁の名前や画像は?子供はいる?父親の職業は?

青山学院大学陸上競技部の監督で、箱根駅伝四連覇を成し遂げた、原 晋(はら・すすむ)監督。 

今回は、そんな原監督を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆お嫁さんの名前や画像は?

原 晋監督のお嫁さんの名前は、原美穂さん。

原監督と同じ1967年生まれなので、今年(2018年)で51歳になります。

実は、原監督が青学の監督に就任する際、妻・美穂さんは反対していました。

当時、念願のマイホームを建てて1年半しか経っておらず、美穂さん自身は大手企業の正社員に内定していた状況。

原監督は、奥さんと喧嘩もしながらも機嫌をとり、1年かけて説得し、ようやく了承をとりつけたのでした。

今さら反対しても、変わらないでしょ?日本一になりなさいよ!

東京に行った妻・美穂さんは、寮母さんとなり、寮に住み込んで学生達の生活面をサポートします。

美穂さんも学生たちも最初は戸惑いましたが、接し方も、暮らし方もみんなで少しずつ決めていったそうです。

下級生にばかり雑用を押しつける上級生を、美穂さんは寮中に響く大声で怒鳴りつけたこともあります(>_<)

160625_原晋の家族
《画像左が美穂さん、右は原監督》

そして11年後、青山学院大学は、見事、箱根駅伝初優勝を成し遂げました。 

これは、原監督の指導と選手の努力、そして、妻・美穂さんのサポートが勝ち取った勝利と言えるでしょう。

◆子供はいる?

原 晋監督と妻・美穂さんの間には、子供はいません。 

理由は分かりませんが、少なくとも2人は大勢の子供(学生)たちに囲まれているので、寂しいということはないでしょう(*^^*)

◆実家・父親の職業は?

原 晋監督の実家は、広島県三原市糸崎町。 

瀬戸内の古い港町で生まれ、幼少期は海を遊び場に、活発な少年でした。 

お父さんの職業は、小学校の教員をしていましたが、

“勉強をしなさい!”

と言われたことはありません。

それでも、原監督が中京大学を卒業するときは、お父さんの影響を受け、

“教師にでもなろうか…”

と、広島の母校で教育実習を受けていました。

結局、地元の中国電力・陸上競技部から誘いを受け、同社へ入社します。

もし、この誘いがなければ、お父さんのように広島で学校の先生をしていたかもしれませんね。

◆母親の名前は?

原 晋監督のお母さんの名前は、原房子さん。 

お母さんに関するエピソードは、原監督が中国電力の営業マンとして、安定した生活を送っていた2004年のことです。 

原監督は、母校の広島・世羅高の関係者との縁で、青山学院大学陸上部の監督に誘われます。

“できっこない!”

就任に際し、妻の美穂さんをはじめ周囲は猛反対しましたが、唯一人、賛成してくれたのは、母の房子さんでした。

“やるなら日本一になりなさい…”

なぜ、お母さんが賛成してくれたのかは、明らかではありません。

しかし、原監督が陸上から離れながらも、陸上に対する情熱を捨てていなかった事を、お母さんは分かっていたのかもしれません。

◆兄弟はいる?

原 晋監督は男兄弟の末っ子で、やんちゃだったそうです。

広島の実家は、家から海に飛び込むことができたそうで、お兄さんたちと海で泳いだり、ソフトボールをしたりして育ちました。

◆まとめ

これまで見てきた通り、原 晋監督の栄光の陰には、陰ながら支えてくれた『家族』の姿がありました。 

これからも家族の応援を受けて、原監督の挑戦は続いていきます!

◇編集後記

原 晋監督が愛用する腕時計はこちら。

タグホイヤー 4000シリーズ プロフェッショナル 200m レディース 腕時計 999.208K シルバー グレー文字盤 アナログ クオーツ ウォッチ 時計 TAGHEUER 【中古】 【102277U】

“物欲がない私が持っている、一番高価な時計”

と語る一品は、奥様からのプレゼントだそうです(^_-)

《駅伝関係者の家族》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です