立川・病院暴走事故の『家族』~83歳女性と39歳男性、35歳女性

2016年11月12日、東京・立川の病院敷地内で車が暴走する事故が発生しました。

今回は、事故の被害者と加害者、そしてその家族を追っていきます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆立川・病院暴走事故

今回の事故は、東京都立川市にある「国立病院機構災害医療センター」の敷地内で発生しました。

車が敷地内の駐車場から出るとき、料金所の開閉式のバーを押しのけてそのまま直進。

植え込みを突っ切って歩道に乗り上げたのです。

161113_%e7%ab%8b%e5%b7%9d%e6%9a%b4%e8%b5%b0%e4%ba%8b%e6%95%85%e3%81%ae%e5%ae%b6%e6%97%8f

車の運転席には、小銭が散らばっていました。

運転手が、料金を投入しようとした際、誤ってアクセルを踏んだ可能性があると見られています。

◆39歳男性

この事故の1人目の犠牲者は、東京・八王子に暮らす39歳の男性でした。

男性の職業は会社役員を務めており、勤務する会社の社長は

彼は役員でうちの仕事の要。惜しい人を亡くしてしまった…

と話しています。

◆男性の妻、子供は…?

突然の悲報に、男性の妻(40)は、

まだ気持ちの整理が付いていない。優しくて大勢の人から頼られる人だった…

と話しています。

66歳になる妻の父親は、

少しこわもてだけど優しくて思いやりがあった。旅行に行くといつもおみやげを買ってきてくれた。涙が止まらない…

と、声を詰まらせました。

男性に子供さんがいたかどうかは、明らかにされていません。

◆男性の兄弟

男性は、兄と弟の3人兄弟でした。

47歳のお兄さんと38歳の弟さんは取材に応じ、

(亡くなった男性は)3兄弟の中で一番やさしく、面倒見がよかった…

と話しました。

実は、男性にはもう一人お兄さんがいましたが、まだ男性が生まれる前、3歳の時に交通事故で亡くなったそうです。

再び、交通事故で身内を失った衝撃に、兄弟は肩を落としています。

◆35歳女性

この事故では、男性の知人で35歳の女性も犠牲となっています。

この女性は、3人姉妹の真ん中で、母、姉と3人で暮らしていたそうです。

女性の近所の方は、

いつも朗らかできれいな人。犬を連れて散歩する姿をよく見かけた。丁寧にあいさつをしてくれていたのに…

と話しました。

◆83歳女性

一方、事故を起こした乗用車を運転していたのは、83歳の女性でした。

83歳女性は、夫が8月から入院し、ほぼ毎日、見舞いのために車で病院へ通っていたそうです。

最近は夫が高熱で肺炎になり、

ここ2、3日が山

と言われていました。

近くに住む女性は、

1人で面倒を見て、疲労がたまっていたんだと思う。11日は徹夜で看病し、『ゆうべは大変だった。お父さんの冬支度を取りに来た』と話していた

と振り返ります。

◆まとめ

何ともやりきれない事故です。

高齢者の運転の問題は、対策が「待ったなし」ですが、そこに地方の交通事情と老老介護の過酷さがのしかかります。

加害者にも被害者にも、背後には大切な『家族』がいる…

問題の解決は、このことを忘れないようにしなければ、近視眼的な議論となってしまうでしょう。

犠牲となられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です