台東区・41歳母親殺人事件の『家族』〜高校1年長女の学校は?

2016年2月、東京・台東区のマンションの一室で、41歳の女性が被害にあう殺人事件が発生しました。

この事件の『家族』に何が起こったのか?背景を掘り下げたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆殺害された41歳の母親

今回の事件で被害にあったのは、この部屋に住む家族の母親でした。

母親はソファにあお向けで、体に毛布が掛かった状態で死亡しています。

また、ソファのそばの台に置かれていた缶などは散乱しておらず、首を絞められた際、意識があると痕跡が残るのですが、それもありませんでした。

これらの事から警察は、母親が寝ているところを、首を絞めて殺害されたと見ています。

◆犯人は高校1年の娘?

事件から2ヶ月以上経過した5月8日、事件は急展開を見せます。

殺害された母親の、高校1年生になる15歳の娘(長女)が、逮捕されたのです。

image
《イメージ画像》

長女には、台東区の自宅マンションで、当時41歳の母親の首をタオルで絞めて殺害した疑いがもたれています。

長女は、取り調べに対し黙秘していましたが、その後、驚愕の台詞を口にしました。

私はやっていません。誰かがお母さんを殺したんじゃないですか

今回の事件、密室で起きた事件なので指紋やDNA型といった物証が乏しく、捜査は難航しました。

警察は「第3者の出入りがない」という消去法で、犯人を長女と特定し、逮捕しています。

◆長女の学校は?

事件当時、長女は中学校に通っていましたが3月に卒業しています。

4月に高校に進学しましたが、その後も変わった様子はなく、通学し続けていました。

長女の学校は、東京・文京区の中高一貫校であると言われています。

◆父親は?

事件のあった家族には、父親もいましたが、事件当日は出張で家にいませんでした。

父親は、普段も仕事で外出が多く、

教育や子育ては基本的に 妻に任せていた

と話しています。

◆兄弟はいる?

事件のあった家族は、父・母・長女の3人暮らしであったため、娘に兄弟はいなかったと思われます。

◆まとめ

親子を知る人によると、母親は長女に対し、「お前なんかいらない子」など厳しい言葉を投げていたそうです。

長女は周囲に、「母親の教育が厳しい」と不満を漏らしていました。

これらが真実であれば、母親を殺める動機はあったのかもしれません。

しかし、犯行の手がかりが乏しく、長女が「否認」していることが釈然としません。

わずか15歳の娘が、警察を相手に、このような大胆な嘘をつけるものなのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 田中 より:

    未成年の学校とか個人情報書く必要ありますか?証拠ないみたいだし、病死とかありえるんじゃないですか?

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      ご指摘を鑑み、記事を一部修正させていただきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です