則本昂大の『家族』~厳しかった父親…地元出身の花嫁と子供のために

3年連続の「奪三振王」、東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大(のりもとたかひろ)投手。

今回は、そんな則本投手を育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は滋賀県多賀町

則本昂大投手の実家は、滋賀県多賀町。

則本投手は地元愛が強く、地元の多賀大社への初詣は、生まれてからほぼ毎年行っているそうです。

ちなみに、「プロ野球滋賀県人会」の副会長も務めています。

多賀町立大滝小学校1年生の時、親せきのおじさんの勧めで「多賀少年野球クラブ」に入団。

とんでもない下手

と言われながらも、5年生からはエースとして活躍しました。

多賀中学校では野球部でプレーし、県大会ベスト4進出。

八幡商業高校に進むと、1年の夏にチームは甲子園出場を果たしましたが、甲子園の登録メンバーからは漏れています。

最上級生時には背番号「1」を背負い、

自分がチームを背負っているんだ!自分がやらなきゃ!

と責任感の強いエースでしたが、甲子園には出場できませんでした。

◆厳しかった父親

則本昂大投手のお父さんの名前は、則本義孝さん。

年齢は、今年(2017年)で60歳になります。

父・義孝さんの職業は、精密機械器具を扱う地元の中小企業の技術者。

野球はズブの素人でしたが、則本投手が小中に通う9年間、毎晩のように練習に付き合いました。

息子に教える以上は、口でアレコレ言うだけでなく、練習に一緒に付き合って、体で教えなあかんと思ったんです

義孝さんは、投げ方から盗塁のスライディングの仕方まで、息子の前で実演してみせました。

則本少年がピッチャーを始めると、庭にマウンドのプレートを埋めて、ホームベース後方にネットを張って、即席のブルペンを作りました。

父・義孝さんはこの経験をもとに、2005年に知人と2人で少年野球チーム「YK野球塾」を立ち上げています。

野球が得意じゃない子供たちを多く受け入れていることもあって、野球は二の次ですね

YK野球塾では、挨拶の仕方など礼儀作法にも力を入れているそうです。

◆母親の名前は?

則本昂大投手のお母さんの名前は、美奈子さん。

年齢は今年(2017年)で54歳なので、お父さんより6歳年下になります。

則本投手は、プロ入り1年目の2013年8月29日に、新人勝利の球団新記録となる12勝目を挙げました。

登板前日の28日、母・美奈子さんはメールで

いつも通り、普通に投げとき

と激励。

則本投手からは

ほーい

と返信があったそうです。

球団新記録は、応援してくれるお母さんに対する、感謝のプレゼントとなりました(^_-)

◆兄は一般人、弟はドラフト候補?

則本昂大投手にはお兄さんと弟がいます。

お兄さんは一般の方なので、あまりメディアには登場しません。

弟の名前は、則本佳樹さん。

佳樹さんは投手としてプレーしており、2012年夏の甲子園には北大津高のエースとして出場しています。

甲子園初戦の滝川第二高校戦では先発マウンドを任され、9回まで途中まで好投を見せましたが、惜しくも初戦敗退しています。

高校卒業後は近畿大学へ進学。

大学在籍中には怪我に泣かされ、手術も経験しましたが、2016年に4年生でリーグ戦デビューを果たし、好投を見せています。

順調にいけばこの春卒業ですが、残念ながらドラフト指名はなかったようです。

◆地元出身の花嫁は藤本紋華さん

則本昂大投手は、2013年のクリスマスイブに結婚しました。

お嫁さんの名前は、旧姓・藤本紋華(あやか)さん。

身長158センチのスレンダー美人という紋華さんの年齢は、則本投手より1歳年下になります。

紋華さんは八幡商業時代の野球部のマネージャーでしたが、高校のころは特別な関係ではなかったのだとか。

2011年12月に行われた高校の野球部忘年会で再会したのがきっかけとなり、その後は毎日のように連絡をとるようになりました。

2012年7月に交際をスタートさせ、約1年半を経て、見事ゴールイン。

これからは今まで以上に社会人、野球選手としての自覚を持ち、頑張っていきたい

結婚にあたり、則本投手は決意を新たにしています。

◆子供

2016年3月8日、則本投手夫妻は女の子を授かっています。

2524gの元気な子供を前に則本投手は、

無事に産まれてきてくれて嬉しく思います。一家の大黒柱として、チームの柱として、今まで以上に頑張ります。

と喜びを語っています。

◆まとめ

則本投手は、小学校のころのお父さんとの厳しい練習がイヤで、「さぼりたい」と思う日もあったそうです。

しかし、

その頃の練習の積み重ねがやはり今の自分に生きている

と、今ではお父さんに感謝――。

『家族』の応援を胸に、則本投手の活躍はこれからも続いていきます(^o^)丿

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です