貴ノ浪の『家族』~父・母・兄・姉・保育士の嫁・そして子供(娘?)

2015年6月20日、元大関・貴ノ浪の音羽山親方が、急性心不全のためお亡くなりになりました。

今回は、残された貴ノ浪の家族にスポットを当てたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆貴ノ浪・本人

貴ノ浪の本名は、浪岡貞博さん。

1971年10月27日生まれで享年43歳。

青森県三沢市出身で、中学時代に藤島親方にスカウトされ、角界入りします。

196cmの長身で、長い手足からなる深い懐と強い足腰を生かし、強引に振り回して投げを打つなど豪快な相撲が特徴でしたが、常識外れの取り口を「無手勝流」と批判されました。

若貴時代の相撲ブームを支え、クレバーで飄々とする反面、感激屋な性格は誰からも好かれましたが、現役時代から心臓に疾患があり、2006年にも大病を患っていました。

◆父

貴ノ浪のお父さんは、浪岡 陸奥雄さんというお名前です。

貴ノ浪が中学時代にスカウトされた時は、高校進学を考えていましたが、両親が貴ノ花を贔屓にしていたため入門が決定したというエピソードがあります。

◆母

貴ノ浪のお母さんは、浪岡京子さんというお名前です。

お父さんと同様、貴ノ花ファンであったようです。

◆兄

貴ノ浪のお兄さんについては、詳細は分かりませんが、やはり身長が高く、バスケをされていたようです。

青森県三沢市にある、浪岡電設有限会社の社長・浪岡豊さんは、bjリーグの青森ワッツを支援されているようなので、何かご関係があるのかもしれませんね。

◆姉

貴ノ浪のお姉さんも、やはり高身長であり、バレーボールをされていたそうです。

あるテレビ番組で、兵庫県・灘海岸でロケをした時、たまたまお姉さんの娘さんがインタビューされたことがあります。

お姉さんは、結婚して関西にいらっしゃるのかもしれませんね。

◆嫁

貴ノ浪のお嫁さんである陽子夫人は、元々名古屋の保育士さんだったそうです。

貴ノ浪の葬儀・告別式は、名古屋市の斎場で行われますが、お嫁さんのご実家が関係しているのかもしれません。

◆そして子供(娘?)

貴ノ浪に子供がいたのかどうかは、はっきりしませんが、ご家族で桃狩りに行かれた写真が残されています。

150621_貴ノ浪の家族
(出典:陣平農園HP)

おそらく2005年当時で、1歳くらいの娘さんでしょうか?

そうすると、今でも小学生くらいということになります。

◆まとめ

貴ノ浪は、所属部屋が「二子山部屋」から「貴乃花部屋」に代替わりした時、「関係ないよ。僕は藤島部屋のお相撲さんだから」と話したことがあります。

「藤島」は中学時代自分をスカウトし、生涯師匠として心酔する、元大関・貴ノ花が名乗っていた名跡です。

天国で藤島親方に、早すぎる旅立ちを叱られてしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です