佐藤琢磨の『家族』~嫁とは離婚?息子はカートレーサー?父は弁護士

『インディ500』をアジア人として初制覇した、レーシングドライバーの佐藤琢磨(さとう・たくま)さん。

今回は、そんな佐藤さんを取り巻く『家族』にスポットを当てご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆お嫁さんの名前は…離婚となるか?

佐藤琢磨さんは、2005年に結婚しています。

お嫁さんの名前は“ちはる”さん。

年齢は同い年で、大学時代からの交際を実らせてゴールインとなりました。

しかし、佐藤さんは2010年ごろから、フリーアナウンサーの内藤聡子さんとの不倫関係が始まります。

2012年夏には、お嫁さんの“ちはる”さんにも不倫関係が発覚。

この時期、離婚に向けての話になりましたが、現在に至るまで離婚はされていません。

“子供への思いも大きい”

というのが、離婚に踏み切れない原因のようです。

◆2人の子供…息子はカートレーサー?

佐藤琢磨さんには2人の子供がいます。

第1子は男の子。

2005年12月23日生まれなので、今年で12歳になります。

第2子は女の子。

2008年9月30日生まれなので、今年で9歳になります。

2人とも、モナコのプリンセス・グレース病院で生まれました。

佐藤琢磨さんは、東北復興支援プロジェクトとして『Takuma Kids Kart Challenge』を開催しています。

2016年の決勝レースで優勝したのは、東京都の佐藤凛太郎君(小学5年)。

カートの腕前はもちろん、名前といい年齢といい、息子さんと共通するものがありますが…

◆父親は弁護士

佐藤琢磨さんの父親の名前は、佐藤和利さん。

職業は弁護士でした。

車好きでもあった父親は、フェラーリ、マセラティなど、10台近い外車を所有。

琢磨少年は小学校に上がると、助手席に子供用のサイドチェアとハンドルを取りつけて、父親の運転の真似をしていたそうです。

琢磨少年が10歳のとき、親子で鈴鹿サーキットのF1を観戦。

後に佐藤さんは

“そのとき受けた衝撃がレーサーとしての原点”

と、インタビューで語っています。

早大進学後にレースへ転向した遅咲きの息子を、最も応援しれくれたのも父・和利さんでした。

◆母親は舞台女優

佐藤琢磨さんの母親の名前は昭子さん。

なんと母・昭子さんは、元舞台女優だったそうです。

母・昭子さんは息子の事を、

“とにかく、おもしろい子。主張がけっこう強い。自分の思うことを、絶対に通す”

と評しています。

『インディ500』の直前のパレードには、母・昭子さんとペアで臨んだ佐藤さん。

レース直後にも母に連絡しましたが、まともに会話する余裕はなく、

“眠い。ダウンです”

のふた言だけだったそうです。

◆まとめ

2011年6月、佐藤琢磨さんの父・和利さんは食道がんに侵され、62歳で天国へ旅立ちます。

亡き父の口癖は、

“一度始めた以上は、最後までやり抜け”

でした。

父の日から6年後に、『インディ500』を制覇した佐藤さん。

墓前に最良の報告ができたことでしょう。

これからも家族の応援を胸に、佐藤さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です