木村拓哉の『家族』~子供は難病?工藤静香は葬儀をフライデー?

 人気グループSMAPの解散が報道され、木村拓哉さんにも注目が集まっています。

今回は、そんな拓哉さんを育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は川島織物?

木村拓哉さんのお父さんの名前は、木村秀夫さん。

父・秀夫さんの職業は、元々は「川島織物」という老舗の内装・和装の会社に勤めていました。

このためか、拓哉さんは、1996年に写真集「木村拓哉」を出していますが、出版は川島織物の子会社である「川島インターナショナル」となっています。

その後、お父さんは脱サラしたのでしょうか、「ラ・ポニータ」という名前のレストランを経営し、東京都と神奈川県に出店しました。

経営は順調でしたが、ファンやメディアが押し寄せ、お父さんも体調を崩したため、現在では閉店しています。

66歳を迎えたお父さんは、最近、核心に迫る発言をしました。

42歳(当時)にもなって、いつまでもキムタクのままではいられないだろうから。俺は飽きた(笑)。潰れたら潰れたでいいんだよ。

拓哉さんが、ドラマや映画で「キムタク=カッコいい役」から脱皮できない現状を的確に指摘しています。

しかし、厳しい言葉は、親心の裏返し。

父・秀夫さんは、息子が壁を乗り越え、一回り大きな役者へと成長する姿を、確信しているのでしょう。 

◆母親はアムウェイか?サキナか?

木村拓哉さんのお母さんの名前は、木村方子(まさこ)さん。

「悠方子」さん、「まさ子」さん、と表記される場合もありますが、年齢は、今年で66歳になります。

母・方子さんは、男の子2人を育てていますが、その過程をこう振り返っています。 

子供も成長していろんな自我が出てきて。そうすると私も自我が出てきて。そこで知らなかった自分、抑え込んでいた自分も出てきた。

芽生えた自我は、方子さんの行動を活発にしました。

2005年には、自身がプロデュースする薬膳イタリアン「リストランテ・いな田」を経営し、「イタリア薬膳を召し上がれ」という著作も手掛けます。

2009年に店は閉めますが、食育などをテーマにした講演活動を積極的に行い、この頃からスピリチュアルに傾倒。

スピ系アーティストと共演したり、「宇宙神」の信奉者と一般社団法人を設立するなど、精力的に活動しています。

また、方子さんは「アムウェイ」のディストリビューターも務めています。

そのためか、拓哉さんは週刊誌のインタビューで「今一番のお気に入りがアムウェイ製品で、全部揃えている」と話していました。

方子さんは、美顔器の「サキナ」の愛用者でもあり、その販売にも関わっていると言われています。

これらの活動には賛否両論ありますが、「良い」と思うものを「伝える」という意味において、お母さんの活動は一貫していますね。 

◆弟・俊作氏(画像)はアメフト選手で店を経営?

木村拓哉さんには弟がいて、名前は木村俊作さん。

愛称は「キムサク」だそうです(#^^#)

1979年7月29日生まれで、現在の年齢は36歳なので、拓哉さんより7歳年下になります。

東京堀越高校時代にアメフトを始め、日本体育大学でもアメフト選手として活躍。

卒業後はアサヒビールシルバースターに入団し、2003年、ドイツで開催されたアメフトW杯に日本代表として参加しました。

160116_木村拓哉の家族

しかもその年、日本代表は優勝を決めており、本場アメリカが参加していないとはいえ、俊作さんの実力はワールドクラスと言えますね。

俊作さんは、アメフト選手として活躍する傍ら、ファッションデザイナーとしても活躍しています。

2003年には、高校の同級生の協力を得て、「SHUIP SYMPATHY(シュイップシンパシー)」の第1号店を東京・渋谷区宇田川町にオープンさせました。

私生活では、2004年5月に、高知県出身の女性と入籍されています。 

◆工藤静香は葬儀の様子をフライデーされた?

木村拓哉さんのお嫁さんは、言わずと知れた工藤静香さん。

静香さんは、1970年4月14日生まれで、現在の年齢は45歳なので、拓哉さんより2歳年上になります。

暗黙のルールとして、拓哉さんと静香さんの2ショットがメディアに登場することはありませんが、これを破ったのがフライデー。

2014年1月、元ポニーキャニオン常務取締役の渡邉有三さんの葬儀に、夫婦で参列した2人を、フライデーがスッパ抜いたのでした。

暗黙のルールを破り、しかも葬儀の場だったという事で、拓哉さんも静香さんも激怒し、裁判に発展したという噂もあります。

《工藤静香さんから見た『家族』のストーリーはこちら!》
工藤静香の『家族』~キムタクと別居?子供はフルート留学?

今回の、SMAP解散騒動の中で、拓哉さんだけが「ジャニーズ残留」を決めた背景にも、静香さんの存在が取り沙汰されています。

拓哉さんは、静香さんのバランス感覚に全幅の信頼を置いており、静香さんの「残留した方が良い」という客観的な判断に従うのは必然だったのでしょう。

SMAP騒動については、これからも難しい局面が続きますが、夫婦の力で乗り越えて欲しいですね! 

◆子供(娘)は難病?

木村拓哉・工藤静香夫妻には2人の娘がいて、名前は心美(ここみ)さん、光希(みつき)さん。

年齢は、心美さんが14歳、光希さんが13歳になります。

2人は、共にフルート演奏が得意で、山野楽器が主催したフルートコンクールで、心美さんは最優秀賞、光希さんも優秀賞を受賞しています。

さて、芸能人の子供としてはテッパンネタで、「娘は難病ではないか?」「ダウン症ではないか?」という噂があります。

しかし、2人は渋谷にある英国スクールに通っており、クールビューティーの長女と、秋篠宮佳子さまを思わせるキュートな次女が、そのような病気を抱えている事実はないでしょう。

大手プロダクションの間では、娘2人の争奪戦が展開されているそうで、この先、「キムタクの娘デビュー!」と報じられる日が来るかもしれませんね。 

◆まとめ

今回のSMAP解散騒動では、様々な報道が飛び交っていますが、「キムタクが事務所と4人との関係“修復”を働きかけている」という情報もあります。

多くのファンや芸能関係者も、SMAPの存続を願い、CD購買運動などのムーブメントが起きています。

拓哉さんの努力により、SMAPという「世界に一つだけの花」が、再び咲く日は来るのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です