中川卓也の『家族』~兄・中川優は現在大阪体育大学、姉妹もいる?

走攻守そろった天才、大阪桐蔭高の中川卓也(なかがわ・たくや)選手。

今回は、そんな中川選手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆兄・中川優は八戸学院光星で甲子園3度出場

中川卓也選手にはお兄さんがいて、名前は中川優(まさし)さん。

1997年9月4日生まれで、今年(2017年)で20歳になるので、中川選手より3歳年上です。

兄・優さんは、大阪府立長吉南小時代に「北出戸モンスターズ」でプレー。

小学校時代は、中田翔選手に憧れ、大阪桐蔭の地方大会なども観戦する“追っかけ”をやっていました。

大阪市立長吉中学校では、ダルビッシュ投手も所属した「オール羽曳野ボーイズ」で活躍します。

中学3年生となる2012年春と夏には、いずれも決勝戦で八戸学院光星を下す、大阪桐蔭の強さを目の当たりにしました。

藤浪さんデカいなあ…

という印象と同時に、なぜか

全国一を倒したい

という気持ちが湧いてきた優さん。

長年憧れた大阪桐蔭ではなく、八戸学院光星への進学を決意しました。

光星のエースとして、2年生の春から3度の甲子園を経験した、兄の中川優さん。

そして3年春の甲子園、2回戦で大阪桐蔭を激突します。

ようやく巡ってきたチャンス。

兄・優さんは前日までに考えぬいた「内角攻め」を敢行しますが、結果、3死球などで2失点。

試合は1-4で敗れてしまいました。

◆兄・中川優、現在は大阪体育大学

兄・中川優さんの3年の夏。

青森大会決勝で12回の死闘の末、三沢商業に敗れ、甲子園出場を逃しました。

現在は、大阪体育大学で野球を続けています。

高校時代からの彼女の名前は、千聖さん。

交際して3年以上になりますが、こちらは順調のようですね(*^_^*)

2017年夏の甲子園。

ファーストを守る弟の卓也さんが、仙台育英の走者に足を蹴られるアクシデントが発生します。

故意ではないか?という声も出る中、優さんは

仙台育英はそんな事するチームじゃないよな 仙台育英の事は良く知っている!笑 まぁ〜でもこのキックで倒れても次の打席でタイムリー打ってるし卓なら忘れてるやろ!笑

と、コメントしています。

◆姉または妹がいる?

中川卓也選手には、お姉さんまたは妹がいるようです。

名前は美咲さん。

兄の優さんとカラオケを楽しむ姿が、ツイッターで紹介されています。

◆実家の父と母

中川卓也選手は大阪市の出身で、小学校時代は兄と同じ「北出戸モンスターズ」でプレー。

中学は「大阪福島リトルシニア」なので、お兄さんと違うチームですね。

中学時代は、走攻守三拍子そろった内野手として活躍し、主将として臨んだリトルシニアの全国大会では、春夏連続で8強に導きました。

投げても最速138キロの伸びのあるストレートに加え、変化球も器用に操り、ジャイアンツカップでは春のボーイズリーグ王者・枚方ボーイズを完封しています。

当時の目標の選手は「二刀流」の大谷翔平選手。

甲子園でも投打にわたる活躍に期待したいですね。

ちなみに、2人の息子を甲子園に出場させた実家の父母の情報は、まったくと言っていいほどありません。

あまり前面に出ることを好まれないのでしょう。

◆まとめ

兄・優さんが、最後の夏に甲子園を逃した時、当時中3の中川選手は次のようにつぶやきました。

お兄ちゃんの分も俺が甲子園に行って優勝する

その目標は、高2の春に全国制覇で果たしています。

次なる目標は、史上初の2度目の春夏連覇。

中川選手の挑戦は、まだまだ続いていきます(^o^)丿

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です