張本智和の『家族』~両親の国籍は中国?父・妹とともに日本へ帰化

日本卓球界の新星、張本智和(はりもとともかず)選手。

今回は、そんな張本選手を育んだ『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は宮城県仙台市

張本智和選手は、宮城県仙台市の出身。

両親は実家で、自宅を兼ねた「張本卓球場」を開設しており、仙台ジュニアクラブに所属する幼稚園から中学生までの男女約30人が在籍しています。

2005年、2歳にしてラケットを握った張本選手は、仙台市立東宮城野小学校の1年生の時に全日本卓球選手権大会(バンビの部)で優勝。

現在は、実家を離れて、東京都北区立稲付中学校に通っています。

稲付中は、味の素ナショナルトレーニングセンターに隣接しており、JOCエリートアカデミーに在籍する中学生が通学する中学校です。

◆父親の国籍は?

張本智和選手のお父さんの名前は、張本宇(ユ)さん。

年齢は、今年(2017年)で47歳になります。

父・宇さんは、卓球の元中国代表で、1998年にコーチとして来日。

福原愛選手も所属した仙台ジュニアクラブで長年指導者を務め、現在は男子ジュニア日本代表のコーチを務めています。

日本代表コーチの制約があったのか、宇さんは2014年3月に日本に帰化しているので、お父さんの現在の国籍は「日本」です。

ちなみに、張本選手も同じタイミングで日本に帰化しています。

◆母親の名前は?

張本智和選手の母親の名前は、張凌(リン)さん。

年齢は、今年(2017年)で44歳になります。

母・凌さんは、1995年の第43回世界卓球選手権に出場した、卓球の元中国代表選手。

中国の全国大会で何度も優勝した凌さんは、帰化しておらず、中国国籍のままの道を選んでいます。

現在は実家の「張本卓球場」で指導者を務めています。

凌さんは、張本選手のことを

小さい時から負けず嫌い。クリスマスプレゼントも『金メダルが欲しい』と言っていた。目標は五輪の金メダル。夢を応援している

と話しています。

◆妹の年齢は?

張本智和選手には妹がいて、名前は張本美和さん。

年齢は、張本選手より5歳下なので、今年(2017年)で9歳になります。

そして、妹の美和さんも卓球選手。

2014年の全日本卓球選手権(バンビの部)では女子3位、2015年の同じ大会では優勝を果たしています。

実は、張本選手よりセンスがあると言われている美和さん。

この兄妹は、どこまで強くなるのでしょうか(^_^;)

なお、美和さんも2014年、日本に帰化しているので、日本国籍を有しています。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、張本智和選手の活躍の陰には、両親のDNAと恵まれた環境がありました。

張本選手の登場で、2020年東京オリンピックの金メダル数が、また一つ追加されそうですね(^o^)丿

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. a より:

    母は中国のスパイ

    • カゲロウ より:

      コメントありがとうございます。
      かつて代表選手として戦った祖国への思いが、当然あるのでしょうね(^^)v

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です