片岡鶴太郎の『家族』~嫁とヨガ離婚?息子3人の名前や職業は?

俳優、タレント、芸術家とマルチに活躍する、片岡鶴太郎(かたおか・つるたろう)さん。

今回は、そんな鶴太郎さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆嫁とヨガ離婚?

片岡鶴太郎さんは下積み時代、松山の道後温泉で劇団に所属し、司会やものまねの修業をしていました。

おなじみ「小森のおばちゃま」のネタは温泉客にはウケませんでしたが、その才能を理解してくれた座長の娘と半年後に上京し、結婚しています。

その後、お嫁さんとの間には3人の息子が生まれ、38年間連れ添いました。

しかし、2017年3月に2人は離婚。

鶴太郎さんの知人は、

すでに5、6年前から別居してました。3人の息子が成人したことと、夫婦が還暦を迎えたことで、それぞれ別の道を生きることにした結果と聞いてます

と話していますが、離婚の理由は「ヨガ」の存在が大きかったようです。

鶴太郎さんがヨガを始めたのは約5年前。

ヨガ中心の生活ぶりは年々エスカレートし、出掛ける7時間前に起床し、4時間の運動と2時間かけて野菜中心の朝食を取る毎日を送っていました。

テレビに出演した際、

(ヨガ生活は)家族はイヤでしょ?

と聞かれると

だから家族とは一緒に住んでいません

と答え、離婚を示唆しています。

離婚の際は家族間で話し合い、円満な形で離婚が決定。

鶴太郎さんは、売れない時代を支え、38年間連れ添ったお嫁さんに対して、

感謝の念しかない

と話しています。

◆3人の息子の名前や職業は?

片岡鶴太郎さんには、息子さんが3人います。

長男の名前は、荻野貴匡(おぎの・たかまさ)さん。

ちなみに鶴太郎さんの本名は、荻野繁雄(しげお)さんです。

長男の貴匡さんは俳優として活動したこともありましたが、現在は(株)ネクストグローバルフーズの代表取締役。

東京や大阪で展開する『もつ焼のんき』の経営や、他店のプロデュースを行っています。

◆2番目の息子はアーティスト

片岡鶴太郎さん次男の名前は、荻野綱久(つなひさ)さん。

次男の綱久さんは「ILL」というバンドのボーカルとギターを担当しています。

ある日、デザイン画を父・鶴太郎さんに見せたところ、キャンバスに絵を描く事を強く薦められました。

そして一枚の絵を完成させてからはアートの世界でも活動し、2016年6月には、鶴太郎さん、コシノヒロコさんとの3人展を開催しています。

◆3番目の息子は料理人

片岡鶴太郎さんの三男の名前は、荻野聡士さん。

三男の聡士さんは料理人として活動しており、日本料理の名店「京都 吉兆 嵐山本店」で腕を磨きました。

現在は、「銀座奥田」の料理長として腕を振るっています。

◆実家の父と母

片岡鶴太郎さんの実家・荻野家は、埼玉県所沢市の農家。

鶴太郎さんの父親は所沢で育ち、職を求めて成増の金属加工場に就職し、鶴太郎さんの母親と出会いました。

鶴太郎さんは幼少期、父親に連れられて、寄席や演芸場へ通っていました。

その影響か、物心づいた頃から芸人を志し、10歳の時、動物の物真似でフジテレビの素人参加番組『しろうと寄席』にテレビ出演。

その時のADが、後に『笑っていいとも!』のプロデューサーとなる横澤彪さんだったそうです。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、片岡鶴太郎さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからはそれぞれ別の道を歩く家族ですが、皆さん、明るい表情をしているようです。

色んな家族のカタチがあるのですね(^_-)

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です