阿部力の『家族』~嫁と子供と中国人の父親と日中ハーフの母親と…

日本と中国で俳優として活動する、阿部力(あべつよし)さん。

今回は、そんな阿部さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家で過ごした子供時代

阿部力さんは、中国の黒竜江省生まれ。

当時の実家は山に囲まれた田舎にあり、冬場はマイナス40℃になるような地域でした。

幼少期は、祖父が水を撒いて作ってくれた即席スケートリンクで遊んでいたそうです。

阿部さんの祖母は日本人であり、9歳の時に日本に移住。

日本語が全くわからないままでいきなり普通の小学校に通ったため、数人の帰国子女と一緒に、日本語の特別授業を受けさせてもらいました。

その後日本に帰化しましたが、祖母の名字が阿部姓であったため、阿部姓で帰化します。

帰化する前の名前は李冬冬(リー・ドンドン)であり、日本でもニックネームは「トントン」と呼ばれています。

高校時代は親から小遣いをもらわず、近所の焼肉屋でアルバイト。

こうして日本に馴染んだおかげで(?)高校を卒業する頃には中国語をすっかり忘れてしまっていました(>_<)

◆中国人の父親と日中ハーフの母親

阿部力さんの父親は中国人で、母親は日中ハーフ。

ということは、日本人の祖母は母方の祖母なのでしょう。

ちなみに安倍さんの健康法は、母親が作ってくれる漢方薬を飲むことだそうです。

◆兄弟はいる?

阿部力さんには、1歳年上のお姉さんがいます。

◆花嫁は中国人!

阿部力さんはもともと結婚願望が強く、女性と交際する時はすぐに結婚を意識していたそうです。

そのため、何か一つでも気になる所を見つけると、結婚した時の事を考えてすぐに破局(>_<)

独身時代に女性と交際した期間の最長記録は、わずか10ヵ月でした。

そんな難しい阿部さんのお眼鏡にかなう女性がついに現れます。

女性の名前は史可(シ・カ)さん。

史可さんは中国人の女優で、2006年に台湾中国合作映画「不完全恋人」で共演したことがきっかけで2人は知り合いました。

撮影が終わり日本に戻った阿部さんでしたが、

帰国したら、心が空っぽになった…

ということで、北京に戻って交際を申し込みます。

その後は日本と中国の遠距離恋愛となりましたが、毎日帰宅するとパソコンでのテレビ電話を欠かさず、ネット上で愛を育みました。

2008年5月4日、北京で行われた史可さんの誕生日パーティーで、彼女が好きなハローキティのバースデーケーキを準備し、

結婚して下さい(宝宝嫁給我口巴)

と書き込んで、プロポーズ。

中国人は「永久」という言葉を深く信じるため、日中どちらでもキュウと発音する2009年を選び、永遠の愛を形にしました。

◆現在は妻と別居

2009年に結婚した阿部力さんと史可さんですが、2012年に別居。

史可さんは中国に帰国し、連絡が取れない状態が続いているそうです。

そんな中、2014年にSPEEDの上原多香子さんと舞台で共演し、意気投合。

道ならぬ恋に落ちた2人でしたが、その事を知った多香子さんの旦那さんは自殺してしまいます。

2人は不倫関係をすぐに解消しましたが、今でも芝居以外で阿部さんの笑顔を見ることはほとんどないそうです。

◆子供が生まれたら中国で

阿部力さんと史可さんの結婚生活は、実質3年ほどでしたが、子供は生まれていないようです。

以前の話ですが、阿部さんは子供ができたら中国に住み、子育ては中国で行いたいという希望を持っていました。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、阿部力さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも日中の家族の応援を受けて、阿部さんの挑戦はこれからも続いていきます(^o^)丿

《特選記事!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です