熊本地震・犠牲者の『家族』~なんで死ぬとね?益城町55歳女性

2016年4月14日木曜日、午後9時26分、熊本地方で震度7の大地震が発生しました。

今回は、犠牲となられた女性とその家族をご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆益城町55歳女性

最も被害が大きかった熊本県益城町。

同町の馬水地区に暮らす55歳の女性も、自宅が倒壊し、中に取り残されてしまいました。

160415_益城町55歳女性の家族
《イメージ画像》

木造2階建ての家は、1階が押しつぶされ、そばの道路には多数の亀裂が入り、カーブミラーも倒れています。

「お母さん――」

日付が変わった午前0時過ぎ、2階建て住宅の前で若い女性が叫び続けていました。

閉じ込められた女性を助けようと、消防隊員数人が家屋にはしごをかけるなどしましたが、救出作業は難航しました。

◆犠牲者に黙とう!

1時間近くたって機材が到着。

自衛隊や警察も集まり、数十人態勢で救出活動に当たります。

親族や近所の住民らが救出作業を見守り、

「お母さんがんばれ」「しっかり、しっかり」

と、懸命に励ます声が飛び交いました。

しかし、午前3時20分、消防隊員の一人が叫びます。

犠牲者に黙とう!

同時に、女性が泣き叫ぶ声が響き、周囲はすすり泣く声に包まれました。

◆なんで死ぬとね…

午前4時過ぎ、ブルーシートに包まれた女性を、警察官ら約10人が運び出すと、親族が声をかけました。

お母さん、置いていかんでよ。なんで死ぬとね。なんでお母さんだけ……

生き返ってよ、お母ちゃん!

 親族の男性は、女性のことを語ります。

いつも顔を合わせて話をしていた。明るい人だったのに、こんなことになって最悪だ。

 近所の男性は、

一緒に住んでいた娘さんたちが『お母さん、お母さん』と必死に呼びかけている姿がふびんでならなかった

 と話しました。

◆まとめ

《奇跡的に助かった乳児の物語》
熊本地震・救出された8ヶ月女児の『家族』〜父・母・兄・祖父母

歩道の所々に倒れた塀、落ちた瓦の破片、マンホール部分を残して地盤が下がった路面……

運よく生命が助かった人たちも、家を失い、心の整理がつかず、これからどうすれば良いのか分かりません。

せめて、犠牲となった方たちの分まで生きること。

それが、残された私たちにできる、最大のことなのかもしれません。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です