泰葉の『家族』~ネパール人息子とイラン人夫?元旦那、実家とは絶縁

何かと世間を騒がす歌手・タレントの泰葉(やすは)さん。

今回は、そんな泰葉さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆ネパール人の息子?

2017年4月9日、泰葉さんはブログを更新して、息子ができた(?)ことを報告しました。

「会見の前に」

ファンのみなさま大切な私のファンの皆様
私は今幸せの涙でいっぱいです
子供が大好きで子供が欲しくてたまらなかった私に
今日素晴らしい息子ができました
Facebookで知り合ったラマン君です
25歳です
ネパールには立派なご両親もいます
彼は医学生で日本に留学しています
将来は日本で医師として働く希望を持っています
私は本当に幸せです
ありがとうみなさま
嬉し泣きです!
yasuha

(泰葉さんのブログより)

普通に解釈すれば、Facebookで知り合ったネパール人留学生の話を聞いてあげたり、食事をご馳走してあげたり…という事でしょうか。

しかし、わざわざブログに名前や写真までアップするのは、行き過ぎている気がしないでもありません。

なんせ、多い時は1日100万アクセスを誇る泰葉さんのブログですから…(^_^;)

◆イラン人の夫?

2017年9月14日、泰葉さんは自身のブログで、婚約したことを明らかにしました。

お相手の男性の名前は、ミィヒディ・カーゼンポール氏。

年齢は今年(2017年)で36歳なので、泰葉さんより20歳年下になります。

ミヒディ氏は、イラン・テヘラン出身の会社経営者で4つのライセンスを持つ技術者。

2人のなれそめは、2016年にFacebookで知り合ったこと。

その後、メッセージやテレビ電話で毎日のように連絡を取り続けてきましたが、会ったのは9月14日が初めてでした…。

この日(9月14日)、羽田空港で対面した2人は、そのまま神奈川県にある泰葉さんの自宅に直行。

「ユー・アー・マイ・ワイフ」
「ユー・アー・マイ・ハズバンド」

と、英語で婚約の言葉を交わしたそうです。

2人は今後、ロサンゼルスに新居を構える予定。

アメリカへ移住するのは、

「彼のビジネスはとてもアメリカと相性が良く、アメリカでの展開を考えている」「彼の妹がジョージアに住んでいる」

ということが大きな理由となっています。

◆元旦那は春風亭小朝

泰葉さんは、1988年6月に結婚しています。

旦那さんは、落語家の春風亭小朝(しゅんぷうてい・こあさ)さん。

1955年3月6日生まれで、今年(2017年)で62歳なので、泰葉さんより6歳年上になります。

2人の馴れ初めははっきりしませんが、デート回数は2~3回だったのだとか。

そもそも、2人の結婚は

政略結婚だった!

と、泰葉さん自身が語っており、「海老名」の看板が欲しい小朝さんと、「看板落語家」がほしい海老名家の思惑が一致したのでしょう。

そして2人は2007年に離婚しています。

離婚会見には泰葉さんと小朝さんが同席し、金屏風を背景に経緯を説明。

離婚理由については、

仕事を続ける中で主婦業に集中できず、中途半端がいやなため、夫婦という関係を解消しようと申し出た

と説明しました。

◆本当の離婚理由は?

最後は握手で別れた2人は円満な離婚と思われていましたが、2008年にはブログで小朝さんのことを

「金髪豚野郎」

と罵り、あやしい雰囲気に…

そして、2017年になって、泰葉さんはブログで小朝さんを告発します。

《私、泰葉事 海老名泰葉は 元夫、春風亭小朝事 花岡宏行を 20年にわたる 暴行 Domestic violence いじめ Power hrunsement 異常性行為 Sexcial hrunsement 全てを網羅した 虐待をここに 告発します》

泰葉さんは記者会見も開き、経緯を説明。

  • 布団でぐるぐる巻きにされて2階から突き落とされた
  • 逆さ吊りにされて食パンを口に詰め込まれた
  • みその配合が気に入らないと熱いみそ汁をかけられた

など、小朝さんから受けたとされるDVの数々を説明しました。

泰葉さんは、小朝さんを(なぜか和田アキ子さんも)提訴することを明言しましたが、小朝さんサイドは沈黙を続けています。

◆子供はいる?

泰葉さんと小朝さんの間には、子供はいません。

泰葉さんは、

私も子供が欲しい!

と、よく話していたそうなので、望んでも出来なかったのかもしれません。

もし子供がいたら、離婚と言う判断にも影響があったことでしょう。

◆実家とは絶縁…

泰葉さんは2017年になって、実家とも絶縁していることを明らかにしています。

きっかけは、泰葉さんが引っ越しをしようとしたこと。

緊急連絡先を伝えるために実家に連絡したところ、女性事務員から

弁護士を通してください

と返されてしまいます。

これはもう家族ではなくなったな…

と判断した泰葉さんは、実家に対する攻撃を開始したのです。

それでは、泰葉さんの実家の家族を見ていきましょう。

◆父は巨匠・林家三平

泰葉さんの父親は、落語家の初代・林家三平(はやしや・さんぺい)師匠です。

ちなみに祖父は、7代目・林家正蔵(はやしや・しょうぞう)師匠。

名門の落語家系に生まれた父・三平師匠は、「(第一次)演芸ブーム」の火付け役かつ中心的存在であり、「爆笑王」の名をほしいままにしました。

代名詞である、

どうもすいませ~ん

と言いながら額にゲンコツをかざす仕草は、元々は父の7代正蔵が客いじりで使用したもの。

三平師匠の息子たちも時折見せるようになり、海老名家のお家芸とも言えるネタとなりました。

1980年9月20日、肝臓がんのため54歳で死去。

死ぬ間際に医師が三平師匠に、

しっかりして下さい。あなたのお名前は?

と問いかけたところ、

加山雄三です!

と答えたのが、最後のギャグとなりました。

◆母との関係性は…?

泰葉さんの母親の名前は、海老名香葉子(えびな・かよこ)さん。

1933年10月6日生まれなので、今年(2017年)で84歳になります。

売れ始めたころの夫・三平師匠は、遊びが過ぎて家にほとんど金を入れず、香葉子さん苦労して子供たちを育てました。

三平師匠が死去すると、香葉子さん自らが一門の精神的支柱となり、今日に至るまで一門存続を可能としています。

このような経緯の中で、多少、強引なことをする必要もあったのでしょう。

泰葉さんはツイッターで、母・香葉子さんのことを

〈二つの顔がある。裏では人の悪口をいい、裏金を隠し金庫に溜めている〉〈私を3時間土下座させ見せしめにした〉

などと非難しています。

もともとの「政略結婚」も母・香葉子さんの仕業であるとしており、母と娘の溝は、簡単には埋まりそうにありません。

◆姉・美どり(みどり)とも不仲?

泰葉さんにはお姉さんがいて、名前は海老名美どり(えびな・みどり)さん。

1953年2月14日生まれで、今年(2017年)で64歳なので、泰葉さんより8歳年上になります。

恐妻家をネタにする、峰竜太さんの奥さんとして有名ですね。

ブログには、

美どり姉は流行に敏感で 最先端を突っ走っていた
ツイッギーみたいなミニスカート 沢田研二をこよなく愛し
スタイルもいいから 男子にめちゃくちゃもてた

(中略)

私はそんな姉が 大好き
姉貴 頑張ってるよ 応援してね!ヾ(@°▽°@)ノ

と、姉に対する思いをつづった泰葉さん。

しかし実際には、三平師匠の遺産相続をめぐっての「不仲説」もささやかれています。

◆上の弟は9代目林家正蔵

泰葉さんには2人の弟がいます。

上の弟は、9代目・林家正蔵さん。

1962年12月1日生まれで、今年で55歳なので、泰葉さんより1歳年下です。

9代目を継ぐ前は「林家こぶ平」の名前で親しまれていましたが、これは下の弟が

お兄ちゃんは小太りだから、こぶ平がいいんじゃないか

と発言したことがきっかけ。

実際にぽっちゃり体型の正蔵さんは、こぶ平の名前が良く似合い、バラエティ番組を中心に人気を博しました。

◆下の弟は2代目林家三平

泰葉さんの下の弟は、2代目・林家三平さん。

1970年12月11日生まれで、今年(2017年)で46歳なので、泰葉さんより9歳年下になります。

2代目を継ぐ前は「林家いっ平」の名前で親しまれていました。

2016年5月から、『笑点』の大喜利メンバーとして出演しています。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、泰葉さんの活躍の陰には、様々な家族のカタチがありました。

新しい家族は楽しみですが、実家とも行き違いが解消することを願っています。

海老名家はやはり、笑顔で国民を楽しませてほしいですね(^o^)丿

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です