若宮啓文の『家族』~妻・息子・父親・母親・兄弟について

2016年4月28日、元朝日新聞主筆の若宮啓文さんが、訪問先の北京市内で亡くなりました。

今回は、在りし日の若宮さんを育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家・父親の職業は?

若宮啓文さんの父親の名前は、若宮小太郎さん。

父・小太郎さんの職業は、元・朝日新聞政治部記者で、後に鳩山一郎首相の秘書官に転じています。

実は、父・小太郎さんは、1956年に旧ソ連との間で結ばれた「日ソ共同宣言」の立役者。

社会の教科書でおなじみのこの条約は、日本が戦後、国際社会へ復帰し、国連に加盟するために必要不可欠なものでした。

時の鳩山総理のモスクワでの交渉に、秘書官として同行した父・小太郎さんは、緊迫した7日間を日記として残します。

そこには、命がけともいえる交渉と、その合間に見えるユーモラスなエピソードが綴られていました。

160429_若宮啓文の家族

まずは、首相や父らの宿泊施設。

もともと日本側は、ソビエツカヤ・ホテルを予約しますが、ソ連政府は厚意で迎賓館を用意。

まるで国賓待遇だ。本当はキュークツで有り難迷惑の感もなくはないが、それでも厚意はうれしい

とお父さんは感想を綴りました(#^^#)

ソ連側が主催した昼食会がクレムリン宮殿で開かれましたが、

やたらにウイスキー、ウオッカ等をついでカンパイ、カンパイとやる

ものだったそう。

出席した河野一郎農相(当時)はお酒が飲めなかったため、

小生が代わりに飲んでやった

実は、お父さんもお酒に強くなかったため、潰れる覚悟だったそうです(゚д゚)!

鳩山首相主催の答礼昼食会では、フルシチョフ第一書記やブルガーニン首相らソ連の要人が勢揃いします。

お父さんの日記には

日本酒を出してやった

とあり、お酒のお返しも「してやったり」・・・ということなのでしょう(^^;)

2006年12月、若宮啓文さんは、父・小太郎さんの日記に触れ

40年ほど前に他界した父

と語っています。

ということは、日ソ共同宣言のわずか10年後には、亡くなられたということになります。

◆母親の名前は?

若宮啓文さんの母親の名前は、若宮繁子さん。

前述の小太郎さんの日記は、長くお母さんが保管していたのだそうです。

没後、40年の時を経て、歴史的にも貴重な文献が日の目を見たのは、お母さんの英断だったのでしょうか。

◆兄弟はいる?

若宮啓文さんは次男であったので、お兄さんがいることになりますが、詳細は不明です。

◆結婚して妻や息子がいる?

若宮啓文さんの結婚や奥さんに関する情報はありません。

若宮さんが朝日新聞時代の2008年。

中国に出張する際に女性秘書を同行させ、会社の経費でビジネスクラス&高級ホテルを利用したという事実が、後に報道されたことがあります。

この女性は、若宮さんが急な葬式に出かけるときなどは、いそいそとネクタイを締めてあげるような、いわゆる「職場妻」だったそうです。

逆を言うと、この時「不倫」とは報道されていないので、実は結婚されていないのかもしれません。

若宮さんを調べると「息子」というキーワードが登場しますが、結婚していなければ息子さんもいないことになります。

◆まとめ

これまで見てきた通り、若宮啓文さんの活躍の陰には、温かく偉大な『家族』の姿がありました。

若宮さんが心血を注いだ中韓との懸け橋は、必ずや後世に引き継がれていくことでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です