大橋悠依の『家族』~父、母、2人の姉が支えた遅咲きの苦労人

女子水泳界の「ゆいぽん」こと大橋悠依(おおはしゆい)選手。

今回は、そんな大橋選手を育み、育ててくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は滋賀県彦根市

大橋悠依選手は、滋賀県彦根市出身。

「ジェット桐生」の桐生祥秀選手と同じ出身地ですね。

2人は1995年生まれで同学年になりますが、中学校は違う学校に通っているようです。

大橋選手は、小学校に上がるタイミングで、地元の彦根イトマンスイミングスクールに通い、水泳を開始。

小中学生の頃から、友人の母親から

竹内結子に似ているよね

と言われていたそうです。

長い手足と柔らかい関節に恵まれていた大橋選手は、小学3年の頃から少しずつ記録を伸ばし、中学1年で初めてジュニア五輪の決勝(背泳ぎ)へと進出。

もっと上にいきたい

と考えるようになり、個人メドレーに取り組むようになりました。

中1から個人メドレーをやり始めていろいろな種目を泳ぐようになって、たまたま個人メドレーがうまくいきだしたんです

彦根東中学校3年生の時には、「全国JOCジュニアオリンピック夏季水泳競技会」の女子・200m個人メドレーで優勝、100m背泳ぎで3位。

広島で行われた全国中学校体育大会では、200m背泳ぎで2位、200㍍個人メドレーで3位。

100m背泳ぎと200m個人メドレーで、千葉国体にも出場しています。

高校は、滋賀県立草津東高等学校へ進学し、インターハイに出場しましたが、注目されるレベルではありませんでした。

しかし、2012年のジャパンオープンで大橋選手の泳ぎをたまたま見た平井伯昌コーチに、

ゆっくりとしたテンポで水をとらえる素質がある

と見出され、平井コーチ率いる東洋大に進学しました。

◆優しい父親

大橋悠依選手は、お父さんのことをツイッターでつぶやいたことがあります。

お父さんはいつも優しい。いつもありがと(^^)照

特に、父の日などでもありませんでしたが、何か良いことがあったのでしょうね(*^_^*)

◆母親の名前は?

大橋悠依選手のお母さんの名前は、加奈枝さん。

2015年の初夏、母・加奈枝さんは、大橋選手から送られてきた写真を見てがくぜんとします。

真っ白で血の気のない表情、焦点の合わない目。

ショックだった。なんてひどい顔をしてるのって

この時期は貧血の影響で、大橋選手のコンディションは最悪でした。

写真自体は、「美容院に行ってきた」という話題でしたが、母親の目はごまかせなかったのですね。

しかし、ヘモグロビンの数値を増やす薬を飲み、アサリやひじきなどを摂取する食生活へ改善すると、体調が回復。

遅咲きの苦労人は、大学4年にして、初の日本代表に選出されています。

そんな大橋選手は、お母さん手作りの「小鮎の煮付け」が好物。

お母さんが送ってくれた滋賀県産のトマトを丸かじりし、今日も元気にがんばっています。

◆3人姉妹

大橋悠依選手は、3人姉妹の末っ子です。

幼稚園の時はピアノや体操教室に通っていたそうですが、姉たちがスイミングスクールに通っていた影響で、大橋選手も水泳を始めています。

ツイッターには、こういうつぶやきがあります。

おねえちゃん 雨壺山に どんぐり 採りにいって 代わりに血を奪われて帰ってきはった 45ヶ所さされたんやとよ\(⊙⊙)/

雨壺山とは、彦根に実在する山で、千鳥ヶ岡公園として整備されています。

お姉さん、なぜ“どんぐり”を採りに行ったのでしょう?

◆まとめ

大橋悠依選手は、中学校の時に将来の夢を語っています。

「入江陵介選手のようにきれいな泳ぎ方になって、オリンピックに出場したい」

リオ五輪は惜しくも出場できませんでしたが、次には東京五輪が控えています。

『家族』の声援を受けて、東京の空に金メダルを掲げてほしいですね(^o^)丿

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です