伊藤有希の『家族』~父親と弟はスキージャンプ、母はアルペン選手

苦労人の女子スキージャンプ界「新女王」、伊藤有希(いとうゆうき)選手。

今回は、そんな有希さんを育んだ、『アスリート家族』をご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は北海道下川町

伊藤有希選手の実家は、スキージャンプのメッカである北海道下川町。

下川町は、約3600人の人口にかかわらず、4基のジャンプ台を持ち、レジェンド・葛西紀明さんの出身地でもあります。

「下川町ジャンプ少年団」を軸に、幼稚園から高校までのジャンプ一貫教育体制が充実。

有希さんも4歳から「下川町ジャンプ少年団」でスキージャンプを始め、下川商業高校スキー部を卒業しました。

ちなみに有希さん、現在は、地元の先輩・葛西紀明さんが監督をつとめる「土屋ホームスキー部」に所属しています。

◆父親は元スキージャンプの伊藤克彦さん

伊藤有希選手のお父さんの名前は、伊藤克彦さん。

1967年1月18日生まれなので、今年(2017年)で50歳になります。

父・克彦さんもジャンパーで、北海道苫小牧市で生まれ、3歳で下川町に引っ越しました。

父親(有希さんの祖父)の影響で小学3年生からジャンプ競技を始め、東海大四高、東洋実業(札幌)で活躍しました。

ノルディック複合の元日本代表で、ワールドカップ(W杯)に1988年、1989年と2年連続出場しています。

現役引退後の1992年、ジャンプの専門指導員として下川町教育委員会職員に採用。

以後、下川ジャンプ少年団のコーチとして、指導に当たっています。 

2017年1月14日、伊藤有希選手が悲願のW杯初優勝を決めると、

本人がとことん努力を続けた結果

と感無量。

4年前から土屋ホームさんにお世話になっていて、葛西紀明監督の下、男子と一緒にトレーニングできていることも大きい

と、周囲への感謝も忘れませんでした。

なお、父・克彦さんの実弟は、元スキージャンプ選手の伊藤直人さん。

名前が似ているタイガーマスク・伊達直人にあやかり、トラ柄のヘルメット・フェースガード・ジャンプスーツを着用していました。

◆母親は元アルペンの北嶋真智恵さん

伊藤有希選手のお母さんの名前は、真智恵さん。

年齢は今年(2017年)で48歳なので、お父さんより2歳年下になります。

母・真智恵さんは、旧姓・北嶋真智恵さん。

北嶋真智恵さんといえば、北海道留萌(るもい)市出身のアルペンスキーの強豪選手でした。

留萌中、札幌第一高、日体大と進み、東洋実業スキー部で活躍しているので、お父さんとはここで出会ったのでしょう(#^.^#)

アルペンスキーの実力も折り紙つきで、スーパー大回転競技では全日本で優勝経験があります。

実は、幼い有希さんにスキーを教えたのは、母・真智恵さん。

しかし、

あっという間に(子供を)ジャンプに取られて…そして気がついたら家には私一人

なのだとか(^_^;)

時に危険もつきまとうジャンプ競技ですが、真智恵さんは心配していません。

最高の専門家がついていますから…私は行ってらっしゃい、お帰りだけです

元アルペンの女王は、今では陰でジャンプ一家を支えています。

◆兄弟…伊藤将充選手

伊藤有希選手には弟がいて、名前は伊藤将充(まさみつ)さん。

1998年2月27日生まれで、今年(2017年)で19歳なので、有希さんより3学年下になります。

弟・将充さんもスキージャンパーであり、ジャンプを始めたのは有希さんより早い3歳から。

姉と同じく「下川少年ジャンプ団」で鍛えられ、下川商業高校時代には全国大会を制覇。

卒業後は、2016年4月から土屋ホームスキー部に所属しています。

入社式では新入社員22人を代表して

葛西監督のもとで成績を上げ、会社に貢献できるように頑張ります!

とあいさつ。 

「姉を超えろ!」と発破をかけられますが、そんなに簡単に越えられる壁ではありませんね(^_^;)

◆まとめ

これまで見てきたとおり、伊藤有希選手の活躍の背景には、スキージャンパーとして恵まれた環境と、温かい家族の姿がありました。

2018年の平昌オリンピックで表彰台に立つ姿を、日本中が楽しみにしています!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です