高畑裕太の『家族』〜父親は誰?母親も姉もかわいそうな立場に…

俳優やタレントとして、幅広く活躍する、高畑裕太(たかはたゆうた)さん。

今回は、そんな裕太さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親は誰?

高畑裕太さんのお母さんは有名ですが、お父さんは誰なのでしょうか?

これに関しては、

「父親は、お母さんの二人目の配偶者」

だと思われていましたが、後に真相が明らかになりました。

高畑裕太さんの父親は、俳優の大谷亮介さんです。

大谷さんといえば、『相棒』の三浦刑事役などで知られていますね。

大谷さんは、お母さんと結婚はしていませんが、5年半の間、事実婚状態にありました。

裕太さんを授かってからも、2人が入籍することはありませんでしたが、大谷さんは裕太さんを「認知」。

裕太さんの幼少期には、学校行事にも参加したことがあるそうです(*^_^*)

しかし、大谷さんが別の女性と結婚してからは、父子としての交流は途切れていました。

◆母親の名前は?

高畑裕太さんのお母さんの名前は、言わずと知れた高畑淳子(あつこ)さん。

1954年10月11日生まれなので、現在61歳[2016.8.26現在]になります。

母・淳子さんは香川県の出身で、高校は県下有数の進学校である「高松高校」を卒業。

受験したお茶の水・早稲田・慶應・津田塾・東京女子大はすべて合格したといいますから、相当な秀才ですΣ(゚д゚)

image
《画像左側が母・淳子さん》

しかし何を思ったか、母・淳子さんは両親の反対を押し切り、演劇関係の短大に進学。

卒業後は「劇団青年座」に入り、女優としての道を歩きだしました。

しばらくは鳴かず飛ばずでしたが、仮面ライダーBLACK「RX」の悪役・マリバロンは当たり役に。

後年のインタビューで、

『RX』がきっかけでようやく女優として食べていける様になった…

と語っています\(^-^ )

個人的によく覚えているのは、『白い巨塔』で東教授をけしかける奥さん役ですね。

この頃から、ユニークなキャラクターがウケて、ドラマやバラエティ番組でお馴染みの顔となりました。

裕太さんとバラエティで共演し、親子の掛け合い漫才を披露することもあります( ^ω^ )

◆姉はかわいそうな立場に…

高畑裕太さんにはお姉さんがいて、名前は高畑こと美さん。

1986年11月22日生まれで、29歳[2016.8.26現在]なので、裕太さんより7歳年上ですね。

姉・こと美さんは、日本大学芸術学部演劇学科の4年生の時に、舞台『鴨川ホルモー』のオーデションを受けて合格。

これがきっかけとなり、2009年に女優としてデビューしています。

母・淳子さんとは、2011年公開の映画『蜘蛛の糸』で初共演を果たしていあますが、裕太さんとの共演はまだのようですね。

そんなお姉さんですが、とてもかわいそうな立場に立たされてしまいます…

◆まとめ

2016年8月、高畑裕太さんは不祥事を起こし、警察に逮捕される事態となりました。

母・淳子さんは謝罪会見で涙を流し、姉・こと美さんも大泣きしていたそうです。

淳子さんは接見の場で、裕太さんにこう語りかけました。

私はどんなことがあってもあなたのお母さんだからね。お姉ちゃんはどんなことがあってもあなたのお姉ちゃんだからね…

適切かどうかはともかく、「家族愛」というものについて、改めて考えさせられる言葉だと思います。

《関連記事》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です