地方銀行64行の平均年収ランキング【2020年版】年間給与・福利厚生などを比較

スポンサーリンク

一般に、銀行員は年収が高いと言われる職業です。

しかし、銀行と言ってもメガバンクもあれば地方銀行もあり…

多いところもあれば少ないところもありますよね

という訳で今回は、地方銀行の年収ランキングをご紹介したいと思います。

◆地方銀行の定義

地方銀行とは「地方にある銀行」という意味ですが、東京など都市部にも地銀は存在します。

じゃあ、地方銀行って何なのかといえば、

一般社団法人全国地方銀行協会(地銀協)の会員である銀行

という定義があるのです。

この記事では、地銀協に加盟している以下の64行を取り上げています。

  銀行名本店所在地 
1北海道銀行北海道
2青森銀行青森県
3みちのく銀行青森県
4秋田銀行秋田県
5北都銀行秋田県
6荘内銀行山形県
7山形銀行山形県
8岩手銀行岩手県
9東北銀行岩手県
10七十七銀行宮城県
11東邦銀行福島県
12群馬銀行群馬県
13足利銀行栃木県
14常陽銀行茨城県
15筑波銀行茨城県
16武蔵野銀行埼玉県
17千葉銀行千葉県
18千葉興業銀行千葉県
19きらぼし銀行東京都
20横浜銀行神奈川県
21第四銀行新潟県
22北越銀行新潟県
23山梨中央銀行山梨県
24八十二銀行長野県
25北陸銀行富山県
26富山銀行富山県
27北國銀行石川県
28福井銀行福井県
29静岡銀行静岡県
30スルガ銀行静岡県
31清水銀行静岡県
32大垣共立銀行岐阜県
33十六銀行岐阜県
34三重銀行三重県
35百五銀行三重県
36滋賀銀行滋賀県
37京都銀行京都府
38関西みらい銀行大阪府
39池田泉州銀行大阪府
40南都銀行奈良県
41紀陽銀行和歌山県
42但馬銀行兵庫県
43鳥取銀行鳥取県
44山陰合同銀行島根県
45中国銀行岡山県
46広島銀行広島県
47山口銀行山口県
48阿波銀行徳島県
49百十四銀行香川県
50伊予銀行愛媛県
51四国銀行高知県
52福岡銀行福岡県
53筑邦銀行福岡県
54西日本シティ銀行福岡県
55北九州銀行福岡県
56佐賀銀行佐賀県
57十八銀行長崎県
58親和銀行長崎県
59肥後銀行熊本県
60大分銀行大分県
61宮崎銀行宮崎県
62鹿児島銀行鹿児島県
63琉球銀行沖縄県
64沖縄銀行沖縄県

「19」のきらぼし銀行は、八千代銀行・東京都民銀行・新銀行東京の3行合併により、2018年に誕生しました。

「38」の関西みらい銀行も、近畿大阪銀行と関西アーバン銀行の合併で、2019年に誕生した銀行です。

「57」十八銀行と「58」親和銀行は、2020年10月に合併して、十八親和銀行になる予定です。

◆地方銀行の平均年収

それでは早速、地方銀行の平均年収をご紹介します。

 地方銀行名平均年収
1北海道銀行550万2000円
2青森銀行618万7000円
3みちのく銀行577万5000円
4秋田銀行631万8000円
5北都銀行※542万2826円
6荘内銀行※591万2511円
7山形銀行636万7000円
8岩手銀行654万4000円
9東北銀行506万5000円
10七十七銀行697万2000円
11東邦銀行618万9000円
12群馬銀行709万4000円
13足利銀行※647万5637円
14常陽銀行699万5000円
15筑波銀行570万0000円
16武蔵野銀行617万6000円
17千葉銀行729万0000円
18千葉興業銀行598万9000円
19きらぼし銀行※617万5755円
20横浜銀行※663万8176円
21第四銀行※690万6021円
22北越銀行※589万2457円
23山梨中央銀行635万2000円
24八十二銀行672万1000円
25北陸銀行579万1000円
26富山銀行528万6000円
27北國銀行645万7000円
28福井銀行551万3000円
29静岡銀行746万1000円
30スルガ銀行729万2000円
31清水銀行620万5000円
32大垣共立銀行613万5000円
33十六銀行656万6000円
34三重銀行※531万1685円
35百五銀行685万2000円
36滋賀銀行668万2000円
37京都銀行657万2000円
38関西みらい銀行※622万6149円
39池田泉州銀行※635万0714円
40南都銀行628万3000円
41紀陽銀行548万5000円
42但馬銀行486万6000円
43鳥取銀行486万5000円
44山陰合同銀行651万4000円
45中国銀行647万4000円
46広島銀行657万2000円
47山口銀行※590万2600円
48阿波銀行694万3000円
49百十四銀行620万3000円
50伊予銀行669万0000円
51四国銀行618万0000円
52福岡銀行666万7000円
53筑邦銀行529万7000円
54西日本シティ銀行643万7000円
55北九州銀行※631万1007円
56佐賀銀行545万4000円
57十八銀行※599万5632円
58親和銀行※544万3238円
59肥後銀行※545万9623円
60大分銀行602万7000円
61宮崎銀行601万8000円
62鹿児島銀行※517万7194円
63琉球銀行577万7000円
64沖縄銀行549万2000円
 (平均)615万4582円

情報は、各地方銀行の有価証券報告書(2019年3月期)の「平均年間給与」から転載しています。

ただし「※」がついている銀行は、単体で有価証券報告書を出していないので、

各銀行の人件費 ÷ 従業員数 ÷ 1.449(人件費/給与倍率)

で算出しています(1.449については後述)。

64行平均で、615万円ですね

地方部が大半であることを考えると、平均年収は高いと言えるのかもしれません。

◆平均年収ランキング

続いて、平均年収のランキングです。

 地方銀行名平均年収
1位静岡銀行746万1000円
2位スルガ銀行729万2000円
3位千葉銀行729万0000円
4位群馬銀行709万4000円
5位常陽銀行699万5000円
6位七十七銀行697万2000円
7位阿波銀行694万3000円
8位第四銀行※690万6021円
9位百五銀行685万2000円
10位八十二銀行672万1000円
11位伊予銀行669万0000円
12位滋賀銀行668万2000円
13位福岡銀行666万7000円
14位横浜銀行※663万8176円
15位京都銀行657万2000円
16位広島銀行657万2000円
17位十六銀行656万6000円
18位岩手銀行654万4000円
19位山陰合同銀行651万4000円
20位足利銀行※647万5637円
21位中国銀行647万4000円
22位北國銀行645万7000円
23位西日本シティ銀行643万7000円
24位山形銀行636万7000円
25位山梨中央銀行635万2000円
26位池田泉州銀行※635万0714円
27位秋田銀行631万8000円
28位北九州銀行※631万1007円
29位南都銀行628万3000円
30位関西みらい銀行※622万6149円
31位清水銀行620万5000円
32位百十四銀行620万3000円
33位東邦銀行618万9000円
34位青森銀行618万7000円
35位四国銀行618万0000円
36位武蔵野銀行617万6000円
37位きらぼし銀行※617万5755円
38位大垣共立銀行613万5000円
39位大分銀行602万7000円
40位宮崎銀行601万8000円
41位十八銀行※599万5632円
42位千葉興業銀行598万9000円
43位荘内銀行※591万2511円
44位山口銀行※590万2600円
45位北越銀行※589万2457円
46位北陸銀行579万1000円
47位琉球銀行577万7000円
48位みちのく銀行577万5000円
49位筑波銀行570万0000円
50位福井銀行551万3000円
51位北海道銀行550万2000円
52位沖縄銀行549万2000円
53位紀陽銀行548万5000円
54位肥後銀行※545万9623円
55位佐賀銀行545万4000円
56位親和銀行※544万3238円
57位北都銀行※542万2826円
58位三重銀行※531万1685円
59位筑邦銀行529万7000円
60位富山銀行528万6000円
61位鹿児島銀行※517万7194円
62位東北銀行506万5000円
63位但馬銀行486万6000円
64位鳥取銀行486万5000円

地銀の雄・静岡銀行が首位であることは、このランキングに信ぴょう性があることを物語っています。

2位のスルガ銀行は、独自の経営で高収益を誇りましたが、シェアハウス問題で2019年3月期に大幅赤字となりました。

かぼちゃの馬車に乗せられたオーナーの多かったこと…

一方で、下位の2行は500万円の大台を割っています。

地銀同士でも、かなりの差があるのですね。

スポンサーリンク

◆福利厚生の「手厚さ」を比較

年収はわかりましたが、働きやすさという意味では、福利厚生も大切です。

そこで、地銀64行の福利厚生を比べてみたいと思います。

しかし各銀行は、勘定科目である「福利厚生費」を開示していません。

住宅融資、持株会、財形、年金基金、社宅、寮、総合グラウンド、体育館など(七十七銀行)

社宅、住宅融資、従業員財形貯蓄、従業員持株会、等(広島銀行)

のように福利厚生の内容は書いてありますが、これでは比較できないですよね?

そこで、この記事では平均年収と平均人件費の差額に目をつけました。

  地方銀行名平均年間給与平均人件費人件費/給与
1北海道銀行550万2000円782万7203円1.423倍
2青森銀行618万7000円934万5070円1.510倍
3みちのく銀行577万5000円872万4267円1.511倍
4秋田銀行631万8000円877万4801円1.389倍
5北都銀行※542万2826円785万9494円
6荘内銀行※591万2511円856万9211円
7山形銀行636万7000円875万1031円1.374倍
8岩手銀行654万4000円937万7187円1.433倍
9東北銀行506万5000円751万1111円1.483倍
10七十七銀行697万2000円1011万4411円1.451倍
11東邦銀行618万9000円913万2075円1.476倍
12群馬銀行709万4000円1009万7496円1.423倍
13足利銀行※647万5637円938万5369円
14常陽銀行699万5000円1019万1867円1.457倍
15筑波銀行570万0000円901万7717円1.582倍
16武蔵野銀行617万6000円811万9452円1.315倍
17千葉銀行729万0000円1045万4545円1.434倍
18千葉興業銀行598万9000円907万7863円1.516倍
19きらぼし銀行※617万5755円895万0741円
20横浜銀行※663万8176円962万0943円
21第四銀行※690万6021円1000万9141円
22北越銀行※589万2457円854万0146円
23山梨中央銀行635万2000円913万4811円1.438倍
24八十二銀行672万1000円923万4260円1.374倍
25北陸銀行579万1000円888万4688円1.534倍
26富山銀行528万6000円788万5350円1.492倍
27北國銀行645万7000円804万2529円1.246倍
28福井銀行551万3000円797万4545円1.446倍
29静岡銀行746万1000円1202万6696円1.612倍
30スルガ銀行729万2000円1066万5552円1.463倍
31清水銀行620万5000円899万1247円1.449倍
32大垣共立銀行613万5000円872万7241円1.423倍
33十六銀行656万6000円1092万5806円1.664倍
34三重銀行※531万1685円769万8413円
35百五銀行685万2000円952万6294円1.390倍
36滋賀銀行668万2000円1021万4855円1.529倍
37京都銀行657万2000円923万6342円1.405倍
38関西みらい銀行※622万6149円902万3778円
39池田泉州銀行※635万0714円920万4314円
40南都銀行628万3000円913万7562円1.454倍
41紀陽銀行548万5000円827万6758円1.509倍
42但馬銀行486万6000円716万0494円1.472倍
43鳥取銀行486万5000円659万4828円1.356倍
44山陰合同銀行651万4000円975万3540円1.497倍
45中国銀行647万4000円965万1179円1.491倍
46広島銀行657万2000円865万6131円1.317倍
47山口銀行※590万2600円855万4847円
48阿波銀行694万3000円1042万7782円1.502倍
49百十四銀行620万3000円868万6424円1.400倍
50伊予銀行669万0000円941万1723円1.407倍
51四国銀行618万0000円869万4109円1.407倍
52福岡銀行666万7000円837万0360円1.255倍
53筑邦銀行529万7000円795万8029円1.502倍
54西日本シティ銀行643万7000円900万7781円1.399倍
55北九州銀行※631万1007円914万6766円
56佐賀銀行545万4000円869万2419円1.594倍
57十八銀行※599万5632円868万9682円
58親和銀行※544万3238円788万9077円
59肥後銀行※545万9623円791万2825円
60大分銀行602万7000円856万3869円1.421倍
61宮崎銀行601万8000円886万2069円1.473倍
62鹿児島銀行※517万7194円750万3490円
63琉球銀行577万7000円752万0000円1.302倍
64沖縄銀行549万2000円862万0000円1.570倍
 (平均)615万4582円891万5463円1.449倍

年収(給与)は従業員に直接支払われるものですが、それ以外に企業は、社会保険料や社宅費、社員旅行や親睦会費用などを負担しています。

それらを全部足したものが「人件費」であり、実質的な給与といえますね

上の表では人件費/平均年間給与の倍率を出しており、この倍率が高いほど、福利厚生が手厚いと言えます。

平均給与費が開示されている48行の、倍率の平均が「1.449」

平均給与費が開示されていない地銀の平均年収は、この数字を使って算出していたのです。

◆福利厚生「手厚さ」ランキング

それでは、福利厚生の手厚さを示す「倍率」のランキングを見てみましょう。

 地方銀行名倍率平均人件費平均年収
1位十六銀行1.664倍1092万5806円656万6000円
2位静岡銀行1.612倍1202万6696円746万1000円
3位佐賀銀行1.594倍869万2419円545万4000円
4位筑波銀行1.582倍901万7717円570万0000円
5位沖縄銀行1.570倍862万0000円549万2000円
6位北陸銀行1.534倍888万4688円579万1000円
7位滋賀銀行1.529倍1021万4855円668万2000円
8位千葉興業銀行1.516倍907万7863円598万9000円
9位みちのく銀行1.511倍872万4267円577万5000円
10位青森銀行1.510倍934万5070円618万7000円
11位紀陽銀行1.509倍827万6758円548万5000円
12位筑邦銀行1.502倍795万8029円529万7000円
13位阿波銀行1.502倍1042万7782円694万3000円
14位山陰合同銀行1.497倍975万3540円651万4000円
15位富山銀行1.492倍788万5350円528万6000円
16位中国銀行1.491倍965万1179円647万4000円
17位東北銀行1.483倍751万1111円506万5000円
18位東邦銀行1.476倍913万2075円618万9000円
19位宮崎銀行1.473倍886万2069円601万8000円
20位但馬銀行1.472倍716万0494円486万6000円
21位スルガ銀行1.463倍1066万5552円729万2000円
22位常陽銀行1.457倍1019万1867円699万5000円
23位南都銀行1.454倍913万7562円628万3000円
24位七十七銀行1.451倍1011万4411円697万2000円
25位清水銀行1.449倍899万1247円620万5000円
26位福井銀行1.446倍797万4545円551万3000円
27位山梨中央銀行1.438倍913万4811円635万2000円
28位千葉銀行1.434倍1045万4545円729万0000円
29位岩手銀行1.433倍937万7187円654万4000円
30位群馬銀行1.423倍1009万7496円709万4000円
31位北海道銀行1.423倍782万7203円550万2000円
32位大垣共立銀行1.423倍872万7241円613万5000円
33位大分銀行1.421倍856万3869円602万7000円
34位伊予銀行1.407倍941万1723円669万0000円
35位四国銀行1.407倍869万4109円618万0000円
36位京都銀行1.405倍923万6342円657万2000円
37位百十四銀行1.400倍868万6424円620万3000円
38位西日本シティ銀行1.399倍900万7781円643万7000円
39位百五銀行1.390倍952万6294円685万2000円
40位秋田銀行1.389倍877万4801円631万8000円
41位山形銀行1.374倍875万1031円636万7000円
42位八十二銀行1.374倍923万4260円672万1000円
43位鳥取銀行1.356倍659万4828円486万5000円
44位広島銀行1.317倍865万6131円657万2000円
45位武蔵野銀行1.315倍811万9452円617万6000円
46位琉球銀行1.302倍752万0000円577万7000円
47位福岡銀行1.255倍837万0360円666万7000円
48位北國銀行1.246倍804万2529円645万7000円
北都銀行※785万9494円542万2826円
荘内銀行※856万9211円591万2511円
足利銀行※938万5369円647万5637円
きらぼし銀行※895万0741円617万5755円
横浜銀行※962万0943円663万8176円
第四銀行※1000万9141円690万6021円
北越銀行※854万0146円589万2457円
三重銀行※769万8413円531万1685円
関西みらい銀行※902万3778円622万6149円
池田泉州銀行※920万4314円635万0714円
山口銀行※855万4847円590万2600円
北九州銀行※914万6766円631万1007円
十八銀行※868万9682円599万5632円
親和銀行※788万9077円544万3238円
肥後銀行※791万2825円545万9623円
鹿児島銀行※750万3490円517万7194円

福利厚生トップは、岐阜県の十六銀行

平均年収656万円に対し、平均人件費は1092万に上り、倍率は1.664倍となります。

地銀の雄・静岡銀行はここでも上位に顔を出し、平均人件費1202万円は驚異的ですね。

一方で、下位の2行は倍率が1.2%台に留まっています。

北都銀行以下は「平均給与費」が開示されていないため、ランキングの対象外としています。

◆従業員数・平均年齢・平均勤続年数

最後に、地方銀行の従業員数などを比べてみます。

 地方銀行名従業員数平均年齢平均勤続
1北海道銀行2,338人38.1歳14.9年
2青森銀行1,278人40.9歳18.4年
3みちのく銀行1,331人40.4歳15.8年
4秋田銀行1,381人39.0歳16.5年
5北都銀行※790人39.4歳15.5年
6荘内銀行※773人37.8歳13.8年
7山形銀行1,213人39.8歳17.0年
8岩手銀行1,429人38.4歳15.5年
9東北銀行585人39.5歳15.7年
10七十七銀行2,727人38.5歳15.4年
11東邦銀行1,961人40.0歳16.5年
12群馬銀行2,995人40.4歳17.1年
13足利銀行※2,857人40.8歳16.8年
14常陽銀行3,320人39.3歳16.5年
15筑波銀行1,524人41.2歳18.7年
16武蔵野銀行2,118人40.1歳16.2年
17千葉銀行3,960人38.6歳15.5年
18千葉興業銀行1,310人37.8歳14.3年
19きらぼし銀行※2,903人41.3歳17.3年
20横浜銀行※4,622人38.3歳15.1年
21第四銀行※2,188人39.0歳16.5年
22北越銀行※1,370人39.6歳16.3年
23山梨中央銀行1,669人38.0歳14.8年
24八十二銀行3,129人41.5歳15.3年
25北陸銀行2,645人38.7歳15.4年
26富山銀行314人41.5歳17.5年
27北國銀行1,787人41.1歳17.4年
28福井銀行1,375人39.3歳15.3年
29静岡銀行2,697人38.4歳16.3年
30スルガ銀行1,495人42.4歳18.5年
31清水銀行914人39.2歳15.8年
32大垣共立銀行2,900人36.3歳13.4年
33十六銀行2,480人39.5歳16.6年
34三重銀行※1,260人38.0歳14.1年
35百五銀行2,377人40.3歳15.2年
36滋賀銀行2,006人37.7歳14.9年
37京都銀行3,423人36.6歳12.5年
38関西みらい銀行※4,584人41.2歳16.2年
39池田泉州銀行※2,457人37.5歳14.7年
40南都銀行2,428人38.4歳16.0年
41紀陽銀行2,233人37.9歳14.8年
42但馬銀行648人37.4歳13.4年
43鳥取銀行696人37.3歳14.7年
44山陰合同銀行1,907人40.3歳17.3年
45中国銀行2,884人38.1歳15.7年
46広島銀行3,164人39.7歳16.2年
47山口銀行※1,568人41.8歳16.9年
48阿波銀行1,267人41.2歳18.3年
49百十四銀行2,092人39.4歳16.6年
50伊予銀行2,798人37.2歳14.3年
51四国銀行1,324人38.7歳14.1年
52福岡銀行3,718人37.5歳14.2年
53筑邦銀行548人37.5歳15.2年
54西日本シティ銀行3,470人40.6歳15.3年
55北九州銀行※402人不明不明
56佐賀銀行1,385人40.1歳17.7年
57十八銀行※1,289人39.6歳16.8年
58親和銀行※1,181人39.0歳16.0年
59肥後銀行※2,191人40.4歳16.1年
60大分銀行1,644人37.5歳15.4年
61宮崎銀行1,421人38.2歳15.1年
62鹿児島銀行※2,149人38.0歳16.0年
63琉球銀行1,400人40.2歳17.3年
64沖縄銀行1,100人37.9歳14.5年
 (平均)1,991人39.2歳15.8年

これらのデータも、基本的には有価証券報告書から転載していますが、「※」のところはディスクロージャー誌や採用情報から拾っています。

北九州銀行だけはどうしてもわかりませんでした…

地銀全体の平均年齢は39.2歳、平均勤続年数は15.8年。

これは、どこの銀行も似たり寄ったりだと思います。

スポンサーリンク

◆従業員数ランキング

従業員数は銀行によって差が大きいので、多い順に並べてみましょう。

 地方銀行名従業員数
1位横浜銀行※4,622人
2位関西みらい銀行※4,584人
3位千葉銀行3,960人
4位福岡銀行3,718人
5位西日本シティ銀行3,470人
6位京都銀行3,423人
7位常陽銀行3,320人
8位広島銀行3,164人
9位八十二銀行3,129人
10位群馬銀行2,995人
11位きらぼし銀行※2,903人
12位大垣共立銀行2,900人
13位中国銀行2,884人
14位足利銀行※2,857人
15位伊予銀行2,798人
16位七十七銀行2,727人
17位静岡銀行2,697人
18位北陸銀行2,645人
19位十六銀行2,480人
20位池田泉州銀行※2,457人
21位南都銀行2,428人
22位百五銀行2,377人
23位北海道銀行2,338人
24位紀陽銀行2,233人
25位肥後銀行※2,191人
26位第四銀行※2,188人
27位鹿児島銀行※2,149人
28位武蔵野銀行2,118人
29位百十四銀行2,092人
30位滋賀銀行2,006人
31位東邦銀行1,961人
32位山陰合同銀行1,907人
33位北國銀行1,787人
34位山梨中央銀行1,669人
35位大分銀行1,644人
36位山口銀行※1,568人
37位筑波銀行1,524人
38位スルガ銀行1,495人
39位岩手銀行1,429人
40位宮崎銀行1,421人
41位琉球銀行1,400人
42位佐賀銀行1,385人
43位秋田銀行1,381人
44位福井銀行1,375人
45位北越銀行※1,370人
46位みちのく銀行1,331人
47位四国銀行1,324人
48位千葉興業銀行1,310人
49位十八銀行※1,289人
50位青森銀行1,278人
51位阿波銀行1,267人
52位三重銀行※1,260人
53位山形銀行1,213人
54位親和銀行※1,181人
55位沖縄銀行1,100人
56位清水銀行914人
57位北都銀行※790人
58位荘内銀行※773人
59位鳥取銀行696人
60位但馬銀行648人
61位東北銀行585人
62位筑邦銀行548人
63位北九州銀行※402人
64位富山銀行314人

トップの横浜銀行と、最下位の富山銀行では、10倍以上の開きがありますね。

地方銀行と言っても、規模にかなりの差があるのでした。

◆まとめ

という訳で今回は、地方銀行の平均年収などを取り上げてきました。

結論として、

  • 地方銀行は他の業種に比べると、平均年収が高い
  • そうは言っても、銀行によって差がある
  • 福利厚生も手厚いが、これも銀行によって差がある

こんなところでしょうか。

関連の記事もどうぞ!

地方銀行64行の実力ランキング【2020年版】預貸金残高・預貸率・経常利益・自己資本比率で比較
地方経済のかなめと言えば、やはり地方銀行ですよね。 地元の就職先として、根強い人気があります 今回は、そんな地方銀行の実力を、2020年の最新データでランキングしていこうと思います。 ◆地方銀行とは? そ...
地方銀行の将来性を判定~各都道府県で今後も生き残る地銀と淘汰される地銀
地方銀行は以前から、オーバーバンキングの状態にあるとされています。 その割には再編が進んでいませんが… そこで今回は、各エリアの地方銀行の将来性を検証してみました。 ◆地方銀行の一覧 この記事では、全国地...
地方銀行と第二地銀102行による住宅ローン金利ランキング~エリア別に変動金利・固定金利を比較
住宅ローンを検討するとき、候補として出てくるのは、都市銀行、ネットバンク、そして地方銀行ですよね。 今回は、地方銀行の住宅ローン金利をランキング形式でご紹介していきます。 都市銀行とネットバンクについてはこちら ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました