スポンサーリンク

エアガン虐待の『家族』~次男と三男は死亡…現在は父親と母親・長男・長女・次女の5人暮らし




2019年11月6日、1歳の子供をエアガンで虐待したとして、父親と母親が逮捕されました。

今回は、このような事件が起きた『家族』が、どのような家庭であったのかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

◆父親の職業は?

この事件は、福岡県田川市伊加利(いかり)にある県営団地の一室で起きました。

父親の年齢は24歳で、自身もこの県営団地で育ちましたが、子供のころに両親が離婚。

その後は実父と暮らしていましたが、数年前に実父は病死しています。

父親は、北九州市にある九州共立大学を出て、職業は土木関係の自営業を営んでいました。

今回の父親の逮捕容疑は、傷害罪。

三男に向けてエアガンを数十発発射し、全治3週間のケガをさせた疑いが持たれています。

しかし、

エアガンで撃ったことはない。長男が撃った

と、長男に責任を転嫁して、容疑を否認しています。

◆母親の年齢は?

母親の年齢も24歳

なんと母親も、三男にエアガンを撃った疑いで逮捕されています。

事件が発覚したのは2018年12月1日。

母親が、

就寝中の息子が息をしていない

と119番通報したのがきっかけだでした。

同じ団地に住む女性は2年前、1人で買い物から帰って来た母親に「子供は?」と尋ねたことがあります。

母親は「家で寝ている」と答えたので、

いない間に亡くなることもあるから一人にしたらいかん

と注意したということです。

その後、この母親は2人の子供を失うこととなります。

母親の自覚なんて、最初から持ち合わせていなかったのでしょう。

◆長男も虐待

父親に罪をなすりつけられた長男は、事件当時3歳

押収されたエアガンはライフル式で、とても3歳の子供が扱える代物ではありませんでした。

2018年1月には、田川市の児童相談所に

長男の顔が腫れている

という通報が寄せられていました。

この時、父親と母親は、

走り回っていてぶつけた

と説明したため、児童相談所は虐待ではないと判断しています。

結果として、児相の判断は間違っていたことになりますが、現在の組織とスタッフで、この事件に対応するのは難しかったでしょう。

児童相談所の仕組みは、解体的にやり直さなければ、子供の虐待は防げないのだと思います。

◆次男は病死

この家族には次男もいましたが、2016年に病死したとされています。

乳幼児突然死症候群(SIDS)のようですね。

しかし今となっては、誰も「病死」とは考えていないでしょう。

◆三男は肺炎で死亡

母親の通報で駆けつけた救急隊員が目にしたのは、三男の体に残る複数の傷痕でした。

丸いあざのような傷跡は、顔を含めて全身数十か所に及んでいたことから、消防は警察に通報。

三男は病院で死亡が確認されましたが、死因は肺炎でした。

三男の体格は、同じ年代(当時1歳)の平均よりも小さかったということです。

◆長女

この家族には、長女もいます。

事件当時は生後3ヶ月の乳児だったので、2018年8月くらいに生まれたのでしょう。

2018年5月、母親は長女を妊娠していたにも関わらず、妊婦検診を受けていなかったため、児童相談所に呼び出されています。

◆次女

この家族には、次女もいます。

次女は、三男の事件後の2019年7月に生まれています。

◆まとめ

この家族は、周囲から見ても、

暗い…明るい家庭じゃない

という家族で、虐待を疑う通報も数件寄せられていました。

にも関わらず、私たちの社会はまたしても、幼い子供の命を救うことができませんでした。

虐待を作り出す社会の改革は、もう待ったなしの状態です。

◇編集後記

虐待された子供が成長したら、親子関係はどうなっていくのでしょうか?

実例として、紹介されている本がこちらです。

重いテーマですが、自分語りのコミックエッセイなので、暗くなり過ぎずに読むことができます。

このような思いをする方が、いなくなるような社会を目指さなければなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました