スポンサーリンク

東京荒川・菓匠木津屋の『家族』~和菓子店を営む父親、母親、娘、息子




2019年7月7日、東京都荒川区の和菓子店で、娘が死亡し、父親も遺体で発見される事件がありました。

父親にいったい何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

◆東京荒川の和菓子店『菓匠木津屋』

事件が発覚したのは、7月7日午前0時50分ごろ。

場所は、東京都荒川区東尾久4丁目にある和菓子店『菓匠木津屋』です。

和菓子店は荒川区本町通りにあり、今から約15年ほど前に開業しました。

店は賃貸で、店内にはお花を飾らなかったりとぜいたくはせず、質素だったということです。

この場所はお店だけで、家族は徒歩約10分ほどのマンションに暮らしていました。

家族構成は、父親、母親、娘、息子の4人暮らしでした。

◆娘が遺体で発見

この事件で犠牲となったのは、大学1年生で18歳になる娘でした。

娘は、和菓子店の業務用冷蔵庫(奥行き73cm、横140cm、高さ85cm)の中で、ヒザを抱えるような姿勢で発見されています。

目立った切り傷や刺し傷はなく、首に絞められたような痕があり、その場で死亡が確認されました。

娘はおとなしいタイプで、クラシックバレエに通っていました。

家族を知る60代男性は

娘さんはかわいくて、ちゃんとあいさつするようないい子だった

と話しています。

◆息子が通報

この事件の発端は、7月6日午後6時35分ごろに寄せられた、110番通報でした。

通報者は、中学生の息子で、

父が自殺しようとしている

という内容でした。

通報後に父親から自宅に電話があり、

「手首を切って死ぬ。川に沈んで死ぬ」「娘を店で切った」

と話したということです。

◆父親は自殺…

事件発覚から約4時間後の、7日午前4時45分ごろ。

父親は、さいたま市岩槻区の河川敷で、首をつって亡くなっていました。

近くには普段使っていたオートバイがとめてありました。

父親の年齢は43歳で、口数が少なく、穏やかな人だったといいます。

平日は朝から晩まで、休日も店に来ることがあり、真面目によく働いていました。

娘と息子が小さい時は、店から一緒に自宅に帰ったり、子供たちと一緒に保護猫を引き取ったりして、子煩悩な人という人物評です。

よく和菓子店を訪れるという70代の女性は、事件があった6日午前にもあんみつなどを購入。

店主である父親に、

『雨だから気をつけて』

と声をかけられていました。

この時、父親に、特段変わった様子はなかったということです。

◆母親

和菓子店は父親と母親で切り盛りしていたということです。

事件の直前である6日午後4時半ごろ、父親は母親に

「仕事が終わった」

と連絡していました。

直後、父親と娘の間に、いったい何があったのでしょうか?

◆まとめ

この事件を読み解くうえで、3つの疑問点が生じてきます。

  1. 娘はなぜ冷蔵庫に入れられていたのでしょうか?犯行後に自らも死を選んだ父親が、娘の遺体を隠す必要があったのでしょうか?
  2. 事件の背景に、父親の借金があったとも言われています。しかし、借金と娘の死に何の関係があるのでしょうか?
  3. 父親は「娘を切った」と言っていましたが、娘の遺体には切り傷はありませんでした。なぜ父親は「娘を切った」と話したのでしょうか?

真実を知るには、もう少し捜査の進展を待つ必要があります。

亡くなられた家族のご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました