長野千曲・行方不明男児の『家族』~父親と母親、弟は無事に救助

スポンサーリンク

2020年5月22日、長野県千曲(ちくま)市で小学2年生の男児が行方不明になりました。

男の子に何があったのでしょうか?

◆長野千曲で行方不明

行方不明になった男児は、長野県千曲市内川に住んでいました。

公立小学校ならば、戸倉(とぐら)小学校五加(ごか)小学校の校区となっています。

男児が行方不明になったのは、千曲市内を流れる「千曲川」です。

聞き覚えがないかもしれませんが、新潟県での名称「信濃川」と聞けば、ご存じの方も多いでしょう。

千曲川の部分は海から遠いので、急流の箇所が多い川となっています。

◆行方不明の男児

行方不明になったのは、7歳で小学2年生になる男児でした。

22日午後5時半ごろ、弟と一緒に自宅を出たまま、行方が分からなくなっています。

千曲川にかかる冠着(かむりき)橋付近で、男児が乗っていた自転車が見つかったということです。

男児は身長約120センチでやせ形。

丸刈りで、黒いTシャツと灰色のズボンを身につけていました。

◆父親と母親

22日午後9時半ごろ、男児の父親は警察に捜索依頼を出しました。

6時半ごろから探し始めたとして3時間。

どんな思いで幼い子供たちを探したことでしょう。

母親については、現在のところ報道されていません。

◆弟は無事に発見

日付が変わり、5月23日午前0時15分ごろ。

4歳になる男児の弟は、冠着橋から200メートル手前の川の中で、木の枝につかまっているところを救助されました。

意識ははっきりしており、けがはないということです。

弟の発見場所から近くで、男児の長靴などが見つかったことから、警察は男児が川に流された可能性があるとみて捜索しています。

◆まとめ

警察や消防などは、およそ30人態勢で捜索を行っています。

5月とはいえ水温はまだまだ冷たく、予断を許さない状況です。

男児の無事を心より願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました