中国地方の地銀9行による実力ランキング【2022年3月期】首位・広銀、2番手・中銀…2行の背を追う山口FG

中国地方に本店を置く地方銀行は、9行あります。

それぞれの銀行の力関係は、どうなっているのでしょうか?

今回は、中国地方の地銀9行を、色んな項目で、ランキングしていきます。

なお、数字は全て、2022年3月期決算の内容です。[1][2]

スポンサーリンク

①預金量

最初は、銀行3大業務の一つである、預金量のランキングです。

 銀行名預金量
1広島銀行8兆7,512億円
2中国銀行7兆6,616億円
3山口銀行5兆5,266億円
4山陰合同銀行4兆8,855億円
5もみじ銀行3兆2,211億円
6西京銀行1兆7,097億円
7トマト銀行1兆2,063億円
8鳥取銀行9,810億円
9島根銀行4,678億円

首位は広島銀行

背後には岡山県の中国銀行が、ピッタリとつけています。

3位の山口銀行は、5位のもみじ銀行北九州銀行が同じグループとなります(山口FG)。

グループ3行の預金残高を合計すると9兆9,533億円となり、実質は中国地方で最大勢力となりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました