【新型コロナウイルス】現金の定額給付は「いつ」「いくら」「誰に」「どうやって」支払われるか?

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大により、経済の停滞が進んでいます。

これに対し、政府・与党は1人あたり1万2000円以上の現金給付を検討していることが分かりました。

◆新型コロナウイルス対策の現金定額給付

新型コロナウイルスは健康被害もこわいですが、経済に対する影響も深刻です。

ディズニーランドUSJも休園となり、春のセンバツ甲子園までなくなってしまいました。

レジャー向けのホテルや飲食店などは、閑古鳥が鳴いている状況。

おまけに学校は臨時休校となり、

仕事に行けない + 出費が増える

という悪循環が続いています。

2020年3月17日、安倍晋三首相は自民党の岸田文雄政調会長と会談し、経済対策について協議しました。

岸田氏は会談後、記者団に

首相の意向をうかがい、大筋の方向性では一致した

と説明。

自民党主導で、現金給付を実現したい考えのようです。

◆「いつ」「いくら」「誰に」「どうやって」支払われるか?

①いつ支払われるか?

政府・与党は、4月に策定する緊急経済対策に、現金給付を盛り込むようです。

ということは、支払われるのは早くとも4月以降になりそうですね。

リーマンショック後の2009年に実施された定額給付金のスケジュールを見てみましょう。

  • 2008年10月30日 定額給付金を発表
  • 2008年12月20日 総務省から各自治体に、定額給付金給付事業に関する通知が出される
  • 2009年2月1日  支給基準日
  • 2009年3月~5月 対象者へ申請書を発送
  • 2009年4月~6月 順次振り込み

定額給付金が発表されてから、実際に支払われるまで 5~6か月かかっていますね。

同じスケジュールで考えると、今回の新型コロナ給付金が支払われるのは、2020年の夏~秋になりそうです。

②いくら支払われるか?

2009年の定額給付金では、1人あたり1万2000円の現金給付が実施されました。

18歳以下と65歳以上の方は、8,000円プラスの2万円でした。

今回の給付額について、政府高官は、

「リーマンショックの水準を超える規模が必要だ」

と述べています。

ということは、1万2000円を上回る金額となるのですね。

ただ、1万2000円でも総額2兆円かかったそうで、今回はいくらかかるのでしょうか?

③誰に支払われるか?

現金定額給付の対象はどうなるのでしょうか?

政府高官は、

みんなに配るのか、線引きをするのか

と語っています。

財務省幹部は、

今回は悪いところがはっきりしている。全国民に渡すと、本当に困っている人に役立てるほど渡すことができなくなる

と牽せい。

自民党からも、

現金を給付しなきゃいけない人はいるが、あくまで低所得者に限る

という意見が出ています。

2009年の定額給付金では、

  • 住民基本台帳に記録されている者
  • 外国人登録原票に登録されている者のうち、特別永住者、または「出入国管理及び難民認定法」に定める在留資格を有して在留する者

を対象(つまり、すべての人)としています。

④どうやって支払われるか?

政府・与党は、現金を給付するという直接的な家計支援を実施する方向です。

しかし、

貯金に回るのでは意味がない

として、地域振興券のような商品券を含めて議論されています。

2009年の定額給付金は、

現金の銀行振り込み & 申請窓口での現金支給

でした。

インパクトがあるのは、やはり現金でしょうね。

◆まとめ

新型コロナウイルスの経済支援策としては、定額給付金のほかに、

  • 個人向けの緊急小口資金の貸し付け
  • 社員の有給休暇に対し勤務先に最大日額8330円を支給
  • 仕事がなくなったフリーランスに日額4100円が支給
  • 電気料金など公共料金や国税、社会保険料の支払い猶予

などに取り組む方針です。

ウイルスとともに、経済悪化も抑え込むことを願います。

by:くまねこ🐼

コメント

タイトルとURLをコピーしました