新潟女児殺人事件・犯人の生い立ち~小学校 中学 高校の卒アル…大学は?

2018年5月14日、新潟・小2女児殺人事件の犯人が逮捕されました。

今回は、凶悪な犯罪をおかした犯人像を、その生い立ちから振り返りたいと思います。

スポンサーリンク




◆小学校時代

犯人の男は、被害者女児の自宅から約100メートル、遺棄現場から約70メートルの距離にある実家に住んでいました。

そして、自明の理として、女児と同じ新潟市立小針(こばり)小学校を卒業しています。

小学校の時は家でテレビゲームをしたり、外でボール遊びをする、普通の少年でした。

犯人を知る近くの80代女性は、

“小さいころは町会費などを持ってきてくれたのを覚えている。明るく礼儀正しい子だった。ごく普通の人で事件を起こすような感じではないと思う”

と話しています。

◆中学校は地元の公立

犯人の男は、近くの中学校に進学したと報道されています。

ということは、住所地のある公立中学校に進んだということでしょう。

小針小学校を卒業した生徒は、新潟市立小針中学校へ進学することになります。

◆高校の卒アルも…

犯人の男は中学卒業後、新潟県立新潟工業高校の電気科へ進学しています。

新潟工業高校の卒アルはメディアでも公開されており、そこには学生服を着た犯人が満面の笑みを浮かべて、写真に収まっていました。

◆大学は?

報道によると、

“西区内にある地元の工業高校を卒業後、就職していた”

ということなので、犯人の男は大学へは進学していません。

◆現在の職業は?

犯人の男は、電気工事関係の会社で働いていました。

近所の人は、

“作業着の時もあればスーツの時もあり、普通の会社員のように見えた”

と話していました。

犯人は、

“あいさつを欠かさず、感じのいい人”

という評判で、事件との落差に周囲は驚いています。

◆まとめ

逮捕された犯人は、不思議と穏やかな表情を浮かべていました。

警察からの逃亡に疲れ、逮捕されたことに安堵していたのでしょうか。

それとも、自分の犯した罪の大きさを理解していないのでしょうか。

優しく礼儀正しかった青年が、なぜ鬼畜のような所業に及んだのか?

これから捜査の過程で明らかになっていくことでしょう。

◇編集後記

今回の痛ましい事件で、小学生くらいのお子さんがいる親御さんは心配になったでしょう。

“防犯ブザーは持たせているけど、他に方法はないか…?”

そうお考えの方、こちらは如何でしょう?

うらがえせる名札 防犯対策 名札ケース タテ型 キッズターナブル名札 小学生用 縦105mm 横53mm 学童名札 ケース 入学 新学期 入学祝い 入学式 卒業式 入学祝い 名札 小学生 小学校 スクール用品 プレゼント 学童用 学校用品 お名前 透明 楽天 通販 通学 防犯 防犯グッズ

単純ですが、登下校時は名札を裏返すことによって、変質者に名前を知られるリスクがなくなります。

残念ながら安全の特効薬はなく、小さいことの積み重ねが大切だと思います。

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

コメント

  1. […] 新潟女児殺人事件・犯人の生い立ち~小学校 中学 高校の卒アル…大学は? […]